ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松本人志を占いで鑑定 映画次回作は原作モノだと高評価?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 西洋占星術とタロットカードを駆使した独自の占いで話題の占い師・キャメレオン竹田。『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)や『TOKIO×(カケル)』(フジテレビ系)などテレビでも活躍中の彼女が、話題の有名人の未来を予測するシリーズ「“きゃって”に占い」。今回は、最近ネットニュースへの登場頻度も高いダウンタウンの松本人志を占っていただきました。

【プロフィール】
松本人志
生年月日:1963年9月8日 52歳
出身地:兵庫県尼崎市

 お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。ダウンタウンとして『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』『水曜日のダウンタウン』、松本人志として『ワイドナショー』『クレイジージャーニー』などにレギュラー出演中。

 * * *
──今回はダウンタウンの松本人志さんを占っていただきたいと思います。松本さんは最近、日曜朝のワイドショー番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)での発言がネットニュースになることも多いんですよね。

竹田:今、松本さんのホロスコープを見ると、太陽に「拡大発展」を表す木星が乗っている状態なので、仕事運的にはノリノリです。あと1年くらいは、この状態が続くでしょうね。松本さんのホロスコープは、10天体のうち4天体も乙女座サインにありまして、もともとの素質として、細かく研究して分析するようなことが得意な人なので、ニュース番組の解説みたいな仕事は、すごく向いているんですよ。あと、人々から愛される性質を表す金星という天体が、太陽のすぐ隣にあるので、あんまり他人から恨まれるような発言もしないと思います。シビアなニュースでも笑いに変えられるというか。

──ワイドショーのコメンテーターは、松本さんに最適な仕事と言えそうですね。

竹田:その通りだと思います。あと、今バイオリズム的にもすごく元気。松本さんのホロスコープの精神を表す月に、現在進行形の冥王星が120度でエネルギーを与えています。これは、気持ち的に安定している時期と言えますし、とにかく仕事的にもプライベート的にも上手くいっている状態だと思います。

──これまでだと、コント番組のように松本さん自身がゼロからクリエイトする番組が多かったんですが、最近は『クレイジージャーニー』や『水曜日のダウンタウン』(ともにTBS系)など、様々なVTRを見て、それに松本さんがコメントをするという形式のものが多いんですよね。

竹田:もともと松本さんは、思考を司る天体の水星と、好奇心の天体である火星が天秤座サインなので、たくさんの新しい情報を得ていったり、それについて考えたり伝えたりするのが、苦じゃなく楽しく自然とできる人ですので、コメンテーターとしての資質があったということだと思いますね。さらに、拡大発展の木星が松本さんのメインの天体のところに居座っているので、それが今のタイミングで表に出てきたっていう。

──その一方で、たとえば監督した映画については、かなり厳しい評価を受けることも多いような気がします。もともと天才的なコント師だと呼ばれていたこともあって、ネット上では「才能が枯渇した」なんて言われてしまうこともあります。

竹田:実は、ホロスコープを見ると、クリエイティブな性質を表す獅子座サインに天体が乗っていないんですよ。そういう意味だと、ゼロからすべてをつくり上げるよりは、すでにできあがっているものをつついていくほうが合っていると言えるかもしれない。映画だったら、物語をゼロからつくり出すよりも、たとえばドキュメンタリーなんかを撮ってみたら面白いかもしれないです。もしくは、別の誰かと組んでみるとか。

──つまり、すべてを自分でやるよりはコラボをしたほうがいい、と。

竹田:ただ、乙女座サインが多いホロスコープの持ち主なので、完璧主義なところがあって、どうしても全部自分でやりたがる傾向があるんですよね。だから、たとえば有名な原作を映画化するというのもいいと思います。「実写版〇〇」みたいな映画を監督すれば、高い評価を得られるような気がしますね。あとは、昔の映画を新しい視点でリニューアルしていくのもいいかもいれません。

──ちなみに、プライベートのほうはどうですか? たとえば夫婦運とか…。

竹田:松本さんのホロスコープは、旦那さんを示す太陽と、奥さんを示す月が120度といい角度で形成されていますから、基本的に夫婦運はいいですよ。

 * * *
 ホロスコープ的には、コメンテーターとしての素質がもともとあったという松本人志。その一方で、映画については“原作モノ”が、いいかもしれないとのこと。次回作は、是非とも誰もが知っているような有名漫画やアニメの実写版でお願いしたいです!

【プロフィール】
キャメレオン竹田/占い師、作家、イラストレーター(画家)、株式会社トウメイ人間製作所代表取締役。
西洋占星術とタロットカードを駆使した独自の占いにより、人気が殺到し現在は予約することが困難となっている。『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)で若手芸人の悩みに答える「開運!ネタ見せ風水館」や、『TOKIO×(カケル)』(フジテレビ系)で女優さんの悩みに答える「占い人間ドック!!」でも話題。テレビ・ラジオ出演、雑誌連載のほか、占いアプリも複数監修。著書は、『当たりすぎて笑える!星座★誕生日占い12星座シリーズ』(主婦の友社)など計14冊。
オフィシャルサイト:http://www.chamereontakeda.com
オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/oopochisan
LINE公式ブログ:http://lineblog.me/chamereon/


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
松本人志 自分の誕生会で「もう娘の顔見たいから帰るわ」
胸を揺らしながら洗濯板で下着をゴシゴシ洗う91cmGカップ美女 
ワイドナショーは台本・ルール・タブーなし番組と井上公造氏

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP