ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一度は体験するべき生卵の黄身が入った美味しいコーヒー / カフェ・ド・ランブル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

l4

カフェ・ウフ(卵黄入りコーヒー)
850円

コーヒーに生卵の黄身を入れる。ちょっと常識では考えられないかもしれないが、もしそれが、なかなか美味だったとしたら、一度は体験してみたいと思うのではないだろうか?

・コーヒーの美味しさの原理を追求
東京銀座にある喫茶店『カフェ・ド・ランブル』は、とことんコーヒーにこだわった名店として知られている。コーヒー豆にこだわるだけなら他店でもやっていること。それだけに留まらず、コーヒーの美味しさの原理を追求し、その道を極めつつあるといっても過言ではない(あくまで客としての感想ではあるが)。

・それもアリだと思えてくる
そんな『カフェ・ド・ランブル』には、卵黄入りコーヒーとして知られている、カフェ・ウフを飲む事ができる。卵黄とコーヒー、その組み合わせだけ考えれば、「ありえない」と思うかもしれないが、ちょっと考えてみれば、それもアリだと思えてくる。

l1

l2

l3

l4

・ワンランク上のクリーミーなテイスト
卵黄は濃厚かつクリーミーで、ある意味、ミルクやクリームと似た特性を持っている。卵黄はそれよりもディープな滑らかさと濃厚さを感じさせるゆえ、乳製品では表現できなかった、ワンランク上のクリーミーなテイストを再現できる。

・苦味と酸味をクリエイト
事実、カフェ・ウフは、今まで体験した事がない濃厚な苦味と酸味をクリエイトしている。なるほど、卵黄によって酸味がここまで際立つのか。なめらかさのなかにある酸味が、カフェ・ウフ独特の風味を楽しませてくれる。

・早く飲まないと固まってしまう
ちなみに、カフェ・ウフは卵黄を使用しているため、早く飲まないと固まってしまう。急いで飲む必要はないが、あまり時間をかけて飲むものでもないので、そのあたり念頭において注文しよう。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/11/29/lambre/

カフェ・ド・ランブル
住所: 東京都中央区銀座8-10-15
時間: 12:00~22:00 日祝12:00~19:00
休日: 無休
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13002564/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。