ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

片思い中の女性が「引き際」だと感じる男性の10の行動

DATE:
  • ガジェット通信を≫

片思いをしているときには、好きという気持ちが強すぎて、相手の行動や言動が冷静に見えづらいことがあるかもしれません。あなたが傷つかないためにも、「引き際」だと感じられる男性の行動パターンを見極め、早めに行動に移してみましょう。

1.話しかけても、いつも同じような返事が返ってくる

相手を喜ばせようと思って話をしても、「心ここにあらず」という雰囲気で、「ふーん、そうなんだ」などといった当たり障りのない返事が続くようであれば、それ以上の会話を続けることは控えたほうがよいかもしれません。

もしかしたら、相手の男性の興味があなた以外に向いているかもしれないからです。

2.二人だけで出かけるはずの日に、別の友人も誘う

もともとは二人で出かける約束をしたはずなのに、いつのまにか別の友人も一緒に行くことになっているのであれば、相手の男性があなたと二人きりになることを間接的に避けているサインかもしれません。

直接言葉にできず、あなたに感じ取ってもらいたい相手の気持ちを想像してみましょう。

3.一緒にいるときに、ずっと携帯をいじっている

あなたと一緒にいるときに、相手の男性が携帯電話ばかりいじっているのであれば、よほど他に気になることがあるか、ただ単に手持ち無沙汰なのか、なんらかの理由が考えられます。

相手がそのようにしている理由を冷静に考えてみることで、あなたの今後の身の振り方もはっきりとするかもしれません。

4.あなたとの約束の直後に、引き続き別の予定をいれている

あなたは、せっかく片思いの人と一緒に過ごせるので、ゆったりとスケジュールを都合していたとしても、相手の男性がすぐに次の予定を入れていて忙しそうにしているのであれば、ちょっと考えものです。

そこまで急ぐほどの理由があるのかはっきりしないときには、次のアプローチは様子見をすべきかもしれません。

5.携帯などの連絡先の交換をためらう

なかなか相手の男性が、携帯電話の番号やメールアドレスなどのプライベートな連絡先を交換しようとしないのであれば、そのときの相手の表情やしぐさをよく見てみましょう。

あなたには知られたくない何らかの事情や都合があるのかもしれません。

6.約束を当日になってキャンセルされる

約束していた当日にキャンセルされ、次の予定を相手の男性から提案してこない場合には、焦らずに一呼吸置きましょう。

たった一度であったとしても、すごく好きな人に対して同じことができるでしょうか。もし逆の立場で、あなたならどうするか考えることで、その答えが明確になります。

7.電話やメールでの連絡は、いつも自分からする

電話やメールで連絡をするのは、いつも決まって自分からという状態が続くようであれば、なぜそうなっているのか、具体的に考えてみましょう。

相手の男性は、単に電話やメールが苦手なだけでしょうか、それとも、別の理由があるのでしょうか。声のトーンなどを思い出しながら相手の気持ちを察し、今後も連絡を続けるべきかどうか、判断するタイミングかもしれません。

8.相手の男性から、恋愛相談を持ちかけられる

相手の男性から恋愛相談を持ちかけられたあなたは、相手にとって頼りがいがある存在であることは間違いありません。

ただし、あなた以外の別の女性のことを話している時点で、少なくとも相手の恋愛感情はどこに向けられているのか、現実的に考えてみる必要があります。

9.あなたからのデートの提案に対して具体的な答えがない

相手の男性が好みそうな場所を選んで、「今度一緒にいきましょう」とあなたからお誘いをすると、「ぜひぜひ」と調子のよい返事があるものの、いざ具体的な日時を決めようとするとなかなか話が進まないケースがあります。

そんなときには、相手の本心はどうなのか、じっくり考えてみましょう。

10.会話の中でぎこちない沈黙が続く

あなたと二人きりの会話になると、話の展開に欠け断続的に沈黙が続くときには、そのときの居心地がいいかどうかによって、次に取るべき行動が大きく異なります。ぎこちなく気まずい空気を感じるのであれば、ちょうどよい引き際なのかもしれません。

相手の男性からネガティブな言葉を聞くことなく、美しい「引き際」を迎えられたら、あなたも大人の恋への第一歩を踏み出すことができるはずです。待っていてよかったと思える運命の人との出会いを期待しながら、気持ちを明るく保つことが幸運を呼び寄せる秘訣です。

関連記事リンク(外部サイト)

職場で片思いの末、失恋した場合「やるべきコト6つ」
片思いの失恋を「大逆転」させるためにすべき6つのこと
失恋で苦しんでいるあなたへ。好きな人を忘れる7つの方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。