ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冬こそ基礎代謝改善のチャンス 効率よく内臓脂肪を減らせる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 これから寒くなると体を動かすのが億劫になる。しかし「冬こそ基礎代謝改善のチャンス」と言うのは、ボディメンテナンス学院のトレーナーでもある饗庭秀直学院長だ。

「基礎代謝というのは、日常生活で消費されるエネルギーのこと。寝ていても食事をしていてもエネルギーが消費されています。人間は体温を保とうとする機能があり、夏の暑い時期よりも寒い冬のほうがエネルギーを消費するんです。基礎代謝がアップすれば、効率よく内臓脂肪を解消していけますよ」

 そう話すのは饗庭学院長が、今すぐ始められる基礎代謝アップの方法を教えてくれた。「鼻から吸って口から吐く。5秒で吸って5秒で吐ききる。息を吐ききるときにお腹を凹ませます。丹田(へその下3寸あたり)を意識しながらお腹を凹ませてください。これは体幹の腹横筋が鍛えられます。これを1分間、計6回繰り返す。以前実験した際、この呼吸の前と後では167%も消費カロリーが向上しました」

“息を吐ききる”という行為により、古い酸素の入れ替えができる。新しい酸素を入れて、毛細血管へ酸素を行きわたらせ、酸素濃度を高くすれば脂肪燃焼につながりやすくなる。

「この呼吸法を1時間ごとに行うことにより、基礎代謝が向上します。2、3週間も続けると、明らかにお腹が凹むことが実感できますよ」

 また1日10回からでもいいので、全身の筋肉アップにつながるスクワットを継続してみよう。そして、その筋肉を定着させるため、良質なたんぱく質を中心にした食事を摂ればベストだ。

 この冬こそ、やせる!

※女性セブン2015年12月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
代謝の3分類の一つ 基礎代謝を高めるにはキツい運動は不要
同じ物を食べて太る人と太らない人の差は遺伝子のせいだった
原発の真の危険性は? 日本のエネルギー政策について考察した本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP