ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大友氏ら西国大名 グローバル視点に立ち積極的にアジア進出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中世末期の戦国時代は諸大名がみな天下統一の野心を抱いて国内で争っていたイメージがあるが、中国地方や九州に割拠した“西国大名”たちは、よりグローバルな視点に立ち積極的にアジアへと乗り出していた。名古屋学院大学国際文化学部教授で歴史学者の鹿毛敏夫氏が指摘する。

 * * *
 豊後国(現在の大分県)を統治した大友氏のグローバル志向はすでに室町時代中期、15世紀中頃の第15代当主・親繁の頃から始まっていた。親繁は領内で豊富にとれ、需要の高い硫黄を遣明船で大量に明に輸出し、莫大な利益を得た。
 
 やがて、15世紀後半から明政府の課す渡航制限が強まり、大友氏は遣明船貿易の中枢から外される状況が16世紀初頭まで続いた。その状況に大友氏は打開策を講じる。その手法とは、有効な勘合(*1)を保有しないまま、明に私的な遣明船を送り込み、正規の使者でないことで明側から入貢を拒絶されれば、警備の薄い福建沿岸に回り込んで密貿易を試みるものだった。

【*1 明と朝貢国間の正式な通交証明】

 明側からすればこの密貿易は倭寇(*2)行為に他ならない。この時期の大友氏の遣明船は、私的(偽使)遣明船と倭寇密貿易船両方の性質を合わせ持つ実利重視の対明交易船だった。

【*2 朝鮮および中国大陸沿岸に出没した海賊集団の朝鮮・中国側からの呼称】

 足利義満が15世紀初頭に始めた日明貿易は、明朝を宗主国とした主従関係が色濃い。しかし西国の大名たちの視点はその地位に甘んじることなく先を見据えていた。

 明との交易が途絶えた16世紀後半になると、南蛮船の往来に触れた西国大名たちの眼は朝貢儀礼抜きの関係が築ける東南アジア諸国に注がれるようになった。大友氏第21代当主・義鎮(宗麟)は、代々培ってきたノウハウを活かし、カンボジア国王と国書のやり取りを開始するなど貿易だけにとどまらず外交関係樹立に漕ぎつける。この間にカンボジア国王から贈られた物品の記録を見ると、武器や実用品の他に、「象と象使い」「鏡職人」といった珍品、人的資源まで交換されていたことがわかる。

 なお、カンボジアとの交易に際し宗麟は九州全域を統治していることを示すかのように「日本九州大邦主」を自称している。実際には九州の南半分は敵対する島津氏の領土なのだが、自分の勢力を誇張し、相手の信頼を勝ちとるための外交上のテクニックだ。また、彼は洗礼を受け「キリシタン大名」のひとりとされているが、洗礼を受けたこと自体、西洋人を相手にする外交・貿易交渉のための便宜上の手段だったと思われる。

 おかげでこの時期のヨーロッパでは、九州全体を指して「Bungo(豊後)」と独立国のように記された地図が散見される。国内が天下統一の国盗りに邁進する中、大友氏をはじめとした西国大名たちは海外を視野に入れた領地経営戦略を立てていたのだ。
 
 独自の視点に立って外交の実績を積んでいた大友氏の存在は、やがて天下人となった秀吉の目には脅威に映り改易(領地没収)されてしまう。だが彼らが拓いた海路こそがその後、江戸時代初期の活発な東南アジアとの朱印船貿易の土台となるのである。

※SAPIO2015年12月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「はなまるアナ」庄司麻由里の人をひきつける話し方解説の書
薩摩焼酎や琉球泡盛 スコッチやコニャック同様原産地認定品
「中村百笑」「勢理客」「馬蛤潟」「保栄茂」はどう読むか?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP