ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夕食を2回? 食べて痩せる「プチミール」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜の番組「PARADISO」(ナビゲーター:板井麻衣子)のワンコーナー「CHOYA NATURAL FEEL」。11月27日のオンエアでは、ダイエットコンシエルジュの岡野ユミさんに「プチミール」について教えていただきました。

栄養士としてセミナーや講座講師、企業のダイエット食品のアドバイザーなども務める「食べ痩せダイエット」の第一人者である岡野さん。岡野さんによれば、食べないダイエットを続けると、体が危機感を覚えて脂肪の燃焼をセーブするようになるそう。そのため、より痩せない体になってしまうとか。そんな悪循環を防ぐのが、夕食を2回に分ける「プチミール」という食事法です。

最初の夕食は18時頃に、炭水化物を食べることがポイント。オススメは、おにぎりや具だくさんのサンドイッチなど。おにぎりの具はツナマヨネーズなどではなく、鮭やタラコといったたんぱく質の多いものを。疲れている人は、クエン酸に疲労回復効果のある梅などが良いそうです。量は、食パンを2枚使った野菜たっぷりのサンドイッチと、おにぎり1個(多くても2個)が目安。

「夜遅くまで何も食べない空腹の状態にしておくと、体にエネルギーが入ってこないので脂肪を溜め込もうとしますが、まずそこが防げます。どか食いの予防にもなりますね」(岡野さん)

二回目の食事は、低脂肪の鶏のささみ、鶏の胸肉、豚のヒレ肉や豆腐などのタンパク質を中心にして野菜をたっぷり取ることがポイント。料理の一例を挙げると、コンソメで煮た野菜と鶏肉のコーンスープ、豆腐と野菜の鍋、トマトで煮た野菜スープ、にんじんやブロッコリーなどを茹でた温野菜にゆで卵を添えて食べる、などなど。時間帯は寝る2時間前までに済ませておくと、胃に負担がかからないため良いそうです。

食べ過ぎを予防でき、タンパク質を多く摂ることで髪や肌にも良い効果が期待できる「プチミール」。暴飲暴食になりがちな、これからの忘年会シーズンに実践してみては?

【関連サイト】
「PARADISO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/paradiso/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP