ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新感覚ラブストーリー、映画「COMET/コメット」が12月12日公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ある恋人たちの6年間をランダムに切り取りながら展開してくラブストーリー映画「COMET/コメット」が12月12日(土)より公開される。
 

本作で長編デビューとなった新鋭の映像作家サム・エスメイルが、叙情的な映像センスで独特の世界を作りだした「COMET/コメット」。終始交わされる恋人たちの会話を「時間」と「空間」を巧みに使い、新感覚のラブストーリーに仕上げられている。
主演は「そんな彼なら捨てちゃえば?」、「ダイ・ハード4.0」に出演したジャスティン・ロング。ヒロインのキンバリー役は「オペラ座の怪人」でゴールデングローブ賞にノミネートされたエミー・ロッサムが演じる。

【STORY】
彗星が振る夜に運命的に出逢ったデルとキンバリー。その日から、二人の六年間の恋がパラレルに交差し描写されていく。舞台は出逢いの公園、再開の列車、パリのホテルと目まぐるしく移り変わるが、キンバリーの告白にデルは衝撃を受けるー。

新鋭監督と実力派俳優陣による、斬新な映像世界と会話劇が融合された傑作をお見逃しなく!

■映画「COMET/コメット」
公開日:2015年12月12日(土) ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
監督・脚本:サム・エスメイル
出演:ジャスティン・ロング、エミー・ロッサム

映画「COMET/コメット」 公式サイト
www.curiouscope.jp/comet

© 2014 COMET MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP