ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アメリカ・オハイオ州出身のAndyさんに故郷の魅力を聞いてみた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
By Rkevins82 09:36, 30 October 2006 (UTC).Rkevins at en.wikipedia [Public domain], from Wikimedia Commons

Photo credit: Rkevins82 09:36, 30 October 2006 (UTC).Rkevins at en.wikipedia [Public domain], from Wikimedia Commons

TRiPORTライターのSaltMintです。
はじめてアメリカを旅行する人はニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルスなどの有名観光地に足を運ぶでしょう。しかし広いアメリカには、上記の観光地以外にも素敵な場所がたくさんあります。

今回はスポーツで有名なオハイオ州について。ここで生まれ育ったAndyさんにお話を伺いました。

オハイオ州の人が教えるアメフトの楽しみ方

オハイオ州は観光名所が比較的少ない場所ですが、スポーツに対する熱なら自信があります。特にアメリカで人気のスポーツであるアメフト。アメフトを見るために大きいサイズのテレビを設置するレストランやバーが、オハイオ州のいたる場所にあります。家族や友達と一緒にレストランで試合を見ながら、自分の好きなチームを応援するのはオハイオに住む人の習慣の一つになっています。

また、スタジアムへ行ったときはただ試合を見るだけではなく、試合の前に駐車場などでBBQを楽しみます。それは「tailgating(テイルゲーティング)」と呼ばれ、多くの人が気軽におこなっています。

「アメフトを見に行くこと」をまるでパーティーのような出来事にアレンジしているのも、オハイオ州のスポーツに対する愛情の証と言えるでしょう。

Photo credit: SD Dirk via Flickr (license)

Photo credit: SD Dirk via Flickr (license)

アメリカでは、大学アメフト選手権大会が非常に人気。コロンバス(オハイオ州中央部に位置する都市)のチーム「Buckeyes」が特に強豪で、去年を含めて8回優勝しています。優秀なのはチームだけではありません。オハイオ州大学マーチングバンドも非常に有名で「The Best Damn Band in the Land(全国の最もすごいバンド)」という愛名を付けられるほど。メンバーは200人を超え、世界で一番大きい大学マーチングバンドと認められています。

2013年10月にこのバンドが演奏したMicheal Jacksonの伝説なMoon Walkの動画はYoutubeで約900億ビューまで達しました。

Crash Underride at en.wikipedia [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

Photo credit: Crash Underride at en.wikipedia [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

オハイオ州はアメフトだけではなく、他のスポーツもかなり有名です。例えば世界で有名なゴルフ選手といえば、現在はタイガーウッズですが、史上最高のゴルファーといわれるジャック・ニクラスはオハイオ州出身。この選手は1960年から1990年まで10回世界一の称号を受賞し、世界で「はGolden Bear(ゴールデン・ベア)」と呼ばれおり、日本国内ではゴルフのファンに「帝王」と称されています。

ジャック・ニクラスは1972年にオハイオ州で自分でゴルフ場をデザインして設立しました。1974年に完成したとき、自分の全英オープン初優勝の記念して「Muirfield」という名前にしてそうです。

[今回のインタビュイー Andy Boerger:東京滞在のイラストレーター・アーティスト・英語教師・作者。Andyさんの代表書籍は「絶対『英語の耳』になる!」という英語教科書のシリーズ]

12190938_10153197610570950_558636164298650317_n

ライター:SaltMint
Photo by: Photo credit: Crash Underride at en.wikipedia [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。