ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“自転車×コーヒー”がテーマのコミュニティースペースが外苑前にオープン!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自転車のある生活には、たくさんの出会いが待っている。

例えば、帰宅途中のまわり道で素敵なお店を発見したり、インスピレーションを生むきっかけを見つけたり…。

そんな自転車ライフをさらに充実させるコミュニティースペース「RATIO&C(レシオ・アンドシー)」が、東京・外苑西通りにオープンした。

1949年設立の老舗メーカー、ブリヂストンサイクル初のこの小売店では、たった1種類のシティバイクスペシャリティコーヒー、そしてライフスタイルにまつわるグッズを販売。

同店オリジナルのシティバイク「BRIDGESTONE NEOCOT(ネオコット)」は、自社工場で熟練工が1本1本を手掛け、オーダー塗装されたクロモリフレームをショップ内にて組み立て。

カラーパターンは144通り、そして5種類のハンドルの形から好みの組み合わせを選び、オーダーメイドで販売するという(価格は約15万〜30万円)。

また店内に併設されたカフェスペースでは、奥沢の人気店「ONIBUS COFFEE(オニバスコーヒー)」が、スペシャリティコーヒーを提供。

美しいバイクや洗練されたグッズを眺めながら「さぁ、このバイクで今度はどこへ行こうか」と、ゆったり寛ぐこともできる。

バイク愛好家ならぜひ一度は訪れたい“コミュニケーション・プレイス”が、またひとつ誕生した。

RATIO & C
http://ratio-c.jp/

自転車(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP