ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

映画『クロウ』シリーズ最新作、レアティビティ・メディアの破産申請にもかかわらず2016年に撮影へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
'The Crow' Set For 2016 Shoot,

プロデューサーのエドワード・R・プレスマンによると、ライアン・カヴァナーの製作会社レアティビティ・メディアが経営危機にあるにもかかわらず、映画『クロウ』シリーズ最新作の映画『The Crow(原題)』は2016年の撮影開始に向けて準備万端だ。

レアティビティを後ろ盾とするこのプロジェクトでは、6月に俳優のジャック・ヒューストン(TVドラマ『ボードウォーク・エンパイア』シリーズ)が降板し、7月下旬にレアティビティ・メディアが破産を申し立てた。

ベテラン・プロデューサーのプレスマンはインドのゴアにて、本紙ヴァラエティに「レアティビティ・メディアの問題をよそに、我々は今、前進している」と話した。プレスマンの最新映画『The Man Who Knew Infinity(原題)』は、第46回インド国際映画祭のオープニングを飾った。

「レアティビティ・メディアはプロジェクトのために十分な資金を用意している。彼らはかなりの資金を保有し、建設的かつ前向きに進んでいて、カヴァナーもこの問題に全面的にかかわっているようだ」(プレスマン)

プレスマンが言うには、エドガー・ライトがこのプロジェクトにコリン・ハーディ監督(映画『The Hallow(原題)』)を紹介した。彼は映画『The Crow(原題)』には映画『ハンガー・ゲーム』シリーズと同レベルの可能性があると信じている。プレスマンは現在、ハーディとの契約をまとめている。

プレスマンは「コリンと私はいま、クロウ役を誰に交渉するべきかについて話している。我々はクロウ役を見つけ、来年の前半に撮影を開始する」と述べた。

1994年の映画『クロウ/飛翔伝説』は、アレックス・プロヤスが監督を務め、主演ブランドン・リーの遺作となった。1989年に初版発行したジェームズ・オバーの暴力的な世界を描いたコミック小説がもとになったこの映画は、北米で5070万ドルのヒットを飛ばし、カルトの第一級作品となっている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。