ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アリババが香港の有力英字紙に買収交渉 報道の自由に懸念も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国の電子商取引最大手アリババ集団の馬雲(ジャック・マー)会長が数か月前から、香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)」を発行するSCMPグループを買収する交渉を進めていることが分かった。米国の金融経済通信社ブルームバーグ通信が報じた。

 馬氏は2013年7月、ポスト紙の単独インタビューに応じて、1989年6月の天安門事件について、政府の弾圧はその時点では「最も正しい決断だった」と評したことがある。中国のインターネット検閲も正当化する発言を行っており、ネット上で激しい批判を浴びたことがあるだけに、今回の報道を受け、ネット上では「香港の報道の自由が一層制限されるのは間違いない」などの書き込みがみられる。

 関係者2人がブルームバーグ通信に語ったところでは、馬氏はSCMPグループ会長の郭鶴年(ロバート・クォック)との間で、同グループへの出資に関する協議を行っており、交渉は進展しており、契約調印が近く発表されるという。条件は明らかにされていない。

 グループの株式は1993年、メディア王ルパート・マードック氏がマレーシアの富豪であるクォック氏にその大半を売却しており、いまもクォック氏が最大の株式所有者であることは変わりない。

 しかし、同紙はかつて世界有数の利益を誇る新聞だったが、読者がインターネットに移行し、紙離れが進行するなかで、他のメディアと同じく部数を減らしている。グループの収益も落ち込んでいることから、クォック氏が株式売却を決断したものとみられる。

 馬氏は日ごろからメディアビジネスに関心を示す発言をしており、特に香港に進出するうえで、香港の有力メディアを所有することは極めて大きなメリットとなるのは確実だ。

 しかし、馬氏が同グループを買収した場合、報道内容が中国寄りになることが考えられる。

 かつて馬氏は同紙の単独インタビューで、天安門事件における軍導入について、「中国の最高意思決定者としてトウ小平氏は安定を必要としていたため、このような厳しい決断を下さざるを得なかった。この決断は完璧ではないが、その時点では最も正しいものだった。いつの世でも、リーダーはこうした決断を下さなければならない。のらりくらりして、決断を避けることも可能だが、それは経営者とは言えない」と指摘し、事件を正当化する発言をしている。

 また、中国政府のネット検閲についても、「多くの海外の悪魔たちが中国政府はネットを管理・監視していると言う。ネットを管理でき、なおかつ6億人のネット利用者がいるとするならば、その管理の仕方は見事だ。監視下にあっても、全世界の10大ネット企業のうち3社か4社は中国企業というのは素晴らしい。欧州のように自由で開かれた場所に、なぜネット大手が1社もないのか」とも語っており、馬氏が同紙のオーナーになった場合、言論の自由には大きな疑問符がつくといえそうだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国電子商取引アリババNY上場で共産党幹部親族に1000億円も
3兆円資産のアリババ会長 月給1.5万円時代幸せだったと語る
資産2.3兆円のアリババ会長 上場で孫正義氏も笑い止まらない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP