ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シーズン到来!焼き・茹で・刺し…カニのおいしい食べ方教えます

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いよいよ今年もカニの季節がやってきた!

産地で美味しいカニを食べるなら、殻の剥き方や食べ方のコツをつかんで、準備万全でいきたいですよね。今回は、カニのおいしい食べ方とキホン情報をご紹介。

食べ方によってチェックすべきポイントが違うって、知っていました?
美味しいカニを100倍楽しむためにも事前に勉強をして、旅をもっと楽しくしちゃいましょ♪

〜カニ辞典 おいしい食べ方&キホン情報〜

【茹で】余すところなく食すべし。


漁業関係者や宿の主人・女将いわく「カニの美味しさが一番わかるのは茹で!」。身の繊維に旨みエキスが絡み、芳醇な味わいがたまらない。 甲羅はお皿がわりにも使える優れもの。カニ爪は、太い部分を垂直に切ると形よく剥ける

脚の身は、脚先の細い部分を殻の中に通して「ところてん式」に押し出すべし。身がすっと外れて食べやすい

食べにくさゆえに敬遠されがちな腹。節目に沿ってハサミで切れ目を入れて、そのままかぶりつこう

【焼き】表面プクッを見逃すな。

芳ばしく香る焼きは、熱々のところをエキスごと味わうのが醍醐味。焼きすぎると瑞々しさが失われるので、身の表面が膨らんできたらすぐお口に!

焼き加減は殻から身が少し盛り上がったかどうかを見極めて。焼きガニは炭火や陶板焼など宿により様々

【刺し】
醤油とカニ味噌 二刀流で味わうべし。

新鮮な活ガニの刺しは、氷水にさらすと身が弾けて、まるで藤の花のような美しさ!時間が経つほど旨みが落ちるので、最初にいただこう。

醤油は、ほんの少しだけ。とろっとした甘さをより引き立ててくれる。地元の醤油を用意する宿も多い

刺しが数本あるなら、カニ味噌と絡めてみよう。繊細な味わいに、濃厚な味噌のコクが加わってさらに美味

【鍋】半レア状態を死守せよ。

寒~い冬に体を温めてくれる嬉しい鍋!カニしゃぶなら、ダシに身をさっとくぐらせるだけで充分。すき鍋の場合は、殻が赤くなったら食べ時。 カニしゃぶ
まずダシは、沸かしすぎないこと。そして身をダシにくぐらす時は、入れてから約10秒が限度!

カニすき
カニの旨みと野菜の甘みがたっぷり染み出たダシも絶品。締めの雑炊用のお腹も空けておいて

〜キホン情報〜

【タグ】産地とウマさの保証なり。


日本海側のカニ水揚げ漁港で揚がった「地ガニの証」として、水揚げ港などを記したタグが付く。地域ごとに色が異なり、産地を保証する。

【カニビル】不気味なフォルムにおののくべからず。

黒い斑点の正体は「カニビル」という虫の卵。これが多いほど、脱皮後の時間が経った印なので、身入りがいい証!人に害はないので安心して。

【地ガニ】

カニの水揚げ港で獲れた、「地元産」のカニのこと。

【活ガニ】

食べる直前まで活きていたカニのこと。鮮度抜群で身の張りが違う!

まとめ

以上、いかがでしたか?
茹でるもよし、焼いてもよし、刺しをカニ味噌でいただくもよし、
そしてこの季節はやっぱり鍋も堪能したいですよね!
それぞれの食べ方で、より美味しくいただくポイントをご紹介していますので、
ぜひ参考にして、カニを味わい尽くしてください!

※この記事は2015年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

鳥取県が蟹取県へ改名!?ウェルカニキャンペーン実施中!旬の松葉がにを堪能しよう
自分へのご褒美に行きたい!東海の女子旅におすすめの宿9選
本場で食べる煮干しラーメンは絶品!青森のはずせないラーメン9選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP