ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マリインスキー・バレエ団東京公演がスタート、ゲルギエフ「これからも世界中を視野に」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 来日ツアー中のマリインスキー・バレエ団が、11月27日に都内にて記者会見を行い、芸術総監督・総裁のワレリー・ゲルギエフや舞踏監督のユーリー・ファテーエフ、ダンサーらが出席した。

 マリインスキー・バレエ団は、18世紀半ばに創設されたロシアで最も伝統あるバレエ団。1960年に初来日して以来、今年で55年目の来日となる。プログラムは、「白鳥の湖」、「ロミオとジュリエット」という不朽の名作に加え、マリインスキー・バレエが日本で初めて上演する「愛の伝説」、そして日本で全編通して上演されるのが初めてとなる「ジュエルズ」の計4演目だ。

 ゲルギエフは「私達のバレエ団は、ロシアだけではなく様々な国のダンサーが揃っている。どこか1つの地域に根差すのではなく、これからも世界中に視野を向けていきたい」と挨拶した。また今回の来日には、日本人ダンサーの石井久美子も参加しており、「愛の伝説」と「白鳥の湖」に出演する。ファテーエフは、「久美子にとっては、非常に嬉しい初めてのマリインスキー・バレエダンサーとしての里帰りとなる」と紹介した。本公演は、12月6日まで本日分を含めて、残り9公演開催される。

◎公演概要【野村presentsマリインスキー・バレエ】
11月27日(金)18:30「愛の伝説」東京文化会館
11月28日(土)13:00「愛の伝説」東京文化会館
11月30日(月)18:30「ロミオとジュリエット」東京文化会館
12月1日(火)18:30「ロミオとジュリエット」東京文化会館
12月2日(水)13:00「ロミオとジュリエット」東京文化会館
12月4日(金)18:30「白鳥の湖」東京文化会館
12月5日(土)12:30「白鳥の湖」東京文化会館
12月5日(土)18:30「白鳥の湖」東京文化会館
12月6日(日)13:00「白鳥の湖」東京文化会館

関連記事リンク(外部サイト)

ピーター・ブルック最新作『バトルフィールド』初日開幕、5人の出演者による戦争後に残された世界観
フラメンコ、ラテン音楽で世界中を魅了するシガーラが10年ぶりに来日、渋谷タワレコで来日記念イベント
yongenによる音楽と詩とアートの融合 「感性の毛穴が開くような体験を」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP