ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

できる女は知っている、アクセサリーの賢い選び方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

そろそろクリスマスや忘年会の予定がちらほら埋まりはじめました。
12月のイベントって何回も開催されるため、そのたびにファッションを変えないといけないところが、ちょっと大変。

洋服以上に気が抜けないのがアクセサリー選び

ドレスやワンピースの場合は、シンプルなデザインのウエスト部分をリボンやベルトでマークして変化をつけたり、ボレロの有り無しでアレンジしたりすると、数回の着まわしが可能です。
アクセサリーも、この時期はパーティー向けに安くて大ぶりのプチプラアクセが出回るから、まとめ買いすればいっけん問題なさそう。でも実はアクセサリーって、意外とファッションの品格が問われる、重要なアイテムなのです。
アクセサリーの質感ひとつで、その日のコーディネートが上質にも安っぽくもみえます。できる女は、パーティー会場やまわりの華やかさに飲み込まれない、賢いアクセサリー選びをしているんです。

1. 素材感

まず大切なのが、素材感。
金属系の場合、なにも本物の18金やプラチナでなくてもいいので、光沢が控えめで、いかにもメッキだと思わせない色あいのものを選びます。
また、パールだけで作られたデザインなら、何色のドレスにも合わせられます。

2. トレンド感

トレンド感も、しっかりおさえておきたいポイント。パーティーなのでいつもより大ぶりでOKですが、ただ大きくてデコラティブなものよりも、どこか繊細さ、華奢さを併せ持つ方が今年っぽくなります。

3. アレンジ力

そして、1番のポイントは質が良くて、ひとつでいくつものアレンジが効くかどうか。高級感があって、いく通りにも使えるものをひとつ、ジュエリーボックスに持っておくと便利です。
たとえば、アートのようなデザインを揃えるジュエリーブランドlamieChanging Jewelry

取り外し可能のフックで、ピアスの形や長さを自由自在にチェンジできるので、ドレスごとに着けた印象を変えられます。そしてこのピアス、フックを外すとブレスレットに、チェーンをモチーフに通すとネックレスになるのです!

質感がよく、かつ遊びが効いている個性派ジュエリーを身にまとう余裕こそ、大人のパーティーファッションです。せっかく自分をデコレーションするのなら、いつもよりクラスアップできるアイテムを取り入れたい!
lamie


(グリッティ)記事関連リンク
香水だってジェンダーフリー! カルバン・クラインの新作「ck2」のクール過ぎるヴィジュアル
自分らしくいられるブランド、アメリカンアパレルの魅力
満月のクリスマスには、「AHKAH」で見つけた星を胸元に

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP