ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベルギーのtwitterが「ネコ」で埋め尽くされた深い理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先のパリ同時テロを受けて、実行犯が逃走したとみられる隣国ベルギー。警戒レベルを最高位に引き上げ、厳戒態勢が続いている。警察当局は、首都ブリュッセルで展開された大規模な対テロ作戦の生命線が、SNSにあると考えていたようだ。

ベルギー警察Twitterで
作戦情報の投稿自粛を要請

2015年11月22日警察当局は、テロリストに作戦の動向を悟られないよう、ベルギー国民に対しTwitterを介して異例の協力を要請した。関連情報の投稿自粛を呼び掛けたのだ。 これに対しTwitterユーザーたちは、ある奇策に打って出た。彼らは、テロの脅威にさらされながらも、決してユーモアを忘れることなく、自国の捜査機関に協力の意志を表明。「#BurusselsLockdown」のハッシュタグと共にネコの画像を投稿し始め、SNS上はある種“ネコ祭り”状態に。

テロの脅威にユーモアで対抗

 

  「可愛いネコの画像を介して、自分たちが勇敢であることを示したパワフルな意思表示だ」とCNNは一連の投稿を紹介、「The Guardian」も「ネコの画像がテロリストからいいカモフラージュとなった」と評価する。

どうぞ、召し上がれ!

 

さて、“ネコ祭り”によるTwitterユーザーたちの捜査協力を受けて、ベルギー警察当局は23日、山盛りのキャットフードの画像を投稿。そこにはこんなツイートが「昨夜、私たちを助けてくれた多くのネコたちへ…召し上がれ!」。
そうユーザーへの謝意をユーモアで返した。

Top photo by :Братва
Reference:CNN , The Guardian , Florence , Jayce le Satirique , Astro AWANI , Kelsey Egan , Wendy Carrara , Federale Politie

 

関連記事リンク(外部サイト)

【速報】阿蘇山が噴火。12分後にTwitterに投稿された画像が・・・
オオカミを放った国立公園で、20年後に「すごいこと」が起こった
昨日9月9日に、スターバックスが実施した「あるキャンペーン」を知っていますか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP