体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自称「ブラック企業経営者」とイケメン労働弁護士のガチバトル! 白熱した討論を制したのは…?

生活・趣味
自称「ブラック企業経営者」とイケメン労働弁護士のガチバトル! 白熱した討論を制したのは…?

キャリコネニュースは11月26日夜、第7回目のニコニコ生放送を行った。今回の放送は、「自称『ブラック企業経営者』がニコニコ生放送に殴り込み! イケメン労働弁護士はどう迎え撃つ!?」と題し、セブンコード社(東京・新宿)の濱野秀昭社長とアディーレ法律事務所の岩沙好幸弁護士が労働法に対して白熱した討論をくり広げた。

来場者数は5000人に達し、コメントも過去最高の3000件を超すなど、大いに盛り上がった。
岩沙弁護士が断言「これは100%ブラック」

2014年に労基署に踏み込まれたセブンコードでは、それまで36協定を結ばないまま従業員に残業をさせ、さらに残業代を払っていなかったという。これに岩沙弁護士は「通報されて踏み込まれて当然」とバッサリ。濱野社長は「36協定があることを知らないわけですよ」と弁明したが、「会社立ち上げる以上必要最低限の法律知識はご自分で勉強しないとダメ」と切り返した。

また、濱野社長は、会社持ちでグアム旅行に連れて行ったのに数か月で辞めてしまった新卒社員について「人としてどうなのか」と憤っていたが、これについても岩沙弁護士は厳しい。

「グアム旅行連れて行く前にちゃんと残業代払って毎日定時に帰宅させたり、遅くなったときにあげたりしたら社員辞めないと思うんですけどね」

濱野社長は有休を「取ってもいい人と悪い人」がいると考えており、赤字の決算書を見せるなどして取得しにくい雰囲気を作っているという。岩沙弁護士によると、これは明確に禁止しているわけではないので違法とは言えないとのことだか、「赤字の決算見せられても有休取らないとダメですよ」と視聴者に向けてアドバイスした。

一連のやりとりを見ていた編集部の林が「岩沙先生から見てセブンコードってどの位ブラックでしたか?」と聞いたところ、「いや、もうこれは100%ブラック」と断言した。

番組では、セブンコード社の内情を知っているということで社畜JKのみちゃきがスペシャルゲストとして登場。「精神的なストレスでみんな太ってる」と社員の様子を語った。みちゃき自身もフリーランスとして働いているが、ブログ1記事500円で更新しているといい、「お金にすると本当に安いし、ブラックだなって思う」と発言。しかし、仕事の経験を積んでいるということで納得している様子を見せたが、すかさず岩沙弁護士が、

「いや、もうダメ、こんな変な社長とちゃんと関係の縁切らないと。辞めてアディーレで働きなさい」

1 2次のページ
キャリコネの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会