ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

有名なのは紅茶だけ?絶対買いたいイギリスの人気お土産20選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM⑥ ~ロンドン2日目~

TRiPORTライターのさとりんです。
イギリスのお土産に何を買って帰るか迷っているそこのあなた!
もしくは、紅茶はとりあえずゲットしたから大丈夫だなんて思っているあなた!
イギリスのお土産は紅茶だけではないんです。
おしゃれなイギリスの国旗は、国旗モチーフのアイテムだけで、十分かわいくておしゃれなお土産になってしまいます。
他にもイギリスにはユニークだったり、お買い得なお土産に適したアイテムがたくさんあります。今回はかわいくて、イギリスらしい人気のお土産を大特集したいと思います。

飲み物

1. スコッチウイスキー

Photo credit: Alkan Boudewijn de Beaumont Chaglar via flickr cc

イギリスを代表する定番土産は、スコットランド生まれのスコッチウイスキー。スコッチウイスキーは製造も熟成もスコットランドで行ったものを言います。スコッチウイスキーは世界5大ウイスキーのひとつとされ、高い知名度を誇っています。
スコッチウイスキーの特徴は、スモーキーフレーバーと呼ばれる独特な香り。また、NHKの朝ドラ『マッサン』では、マッサンが修行に訪れた先がスコットランドでした。日本のウイスキーの大本は、スコットランド産のウイスキーということになりますね。そのため、スコッチウイスキーは日本人と相性がいいんです。
旅行先のバーでスコッチウイスキーを楽しみながら、お気に入りの一品をみつけて、絶大な人気を誇るスコッチウイスキーを贈りましょう。年上の男性やお酒好きの方に、きっと喜んでもらえると思いますよ。

おすすめのブランド
マッカラン、バルヴェニー、グレンフィデック、バランタイン、ラフロイグなど

王様のラフロイグと比較すると、スモーキーさは同等、ピート香が若干軽め。
その分、フルーティーな華やかな香りが口の中を抜けていく。
「女王」、まさにそんな風に感じます。
出典 「華やかな香りと味わいを身に纏ったアイラの女王様☆」 ボウモア ボウモア 12年 700ml 40度 ぼん凡ぼん☆さんのレビュー・評価-価格.comより

2. 紅茶

Photo credit: emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM⑥ ~ロンドン2日目~

イギリスのお土産と言えば、紅茶。イギリス土産に紅茶をもらって嬉しい人も多いようです。
日本にもイギリスの紅茶は入ってきていますが、日本で買うよりも断然お得に買うこうとができます。特にスーパーでも売っているTWININGSの紅茶は大量に安く売られているので、まとめ買いしちゃいましょう。
高級店やブランド店の紅茶は、パッケージがかわいかったりおしゃれなので、少しこじゃれたお土産になりますよ。
また、紅茶は軽いので、帰国時に空港で荷物の重量を気にせず持って帰れるため、そういう意味でもお土産に適しています。
イギリスのお土産で、何をあげるか迷ってしまったら、紅茶を選ぶべし!

おすすめの紅茶
TESCO(テスコ)、TWININGS(トワイニング)、FORTNUM&MASON(フォートナムアンドメイソン)、CLIPPER、Partridges(パートリッジーズ)、Whittard of Chelsea(ウィッタード・オブ・チェルシー)など

トワイニングの紅茶の味は大好きなんでレディグレイも良く飲みます!
癖が無く飲みやすいです!大好きです!
パッケージのデザインもお洒落だよね!シンプルだけど特長的!
紅茶の味の良さを望むならトワイニングですね!
出典 「トワイニング紅茶 / レディグレイ」トワイニング紅茶(Twinings Tea Time) / レディグレイの口コミ-食べログお取り寄せより

お菓子

3. ファッジ

Photo credit: Smabs Sputzer via flickr cc

イギリスの激甘のキャンディー。甘さ控えめのものが多い日本人には好き嫌いが分かれるかもしれませんが、個人的には大好きです。
ファッジは牛乳と砂糖、バターを煮詰めて作るとってもシンプルなキャンディー。キャンディーといっても硬いものではなくて、しっとりした感じで口の中でほろりと崩れる食感です。種類も味も豊富にあるので、甘いもの好きにはたまらない人気のお土産です。
スーパーやコンビニでも買えますし、ファッジの専門店もありますよ。

日本の上品な甘さ控えめのお菓子に慣れていると、久しぶりにこの激甘さに味覚が驚く感じ。
でも、慣れとは怖いもので、そのうちこの甘さはクセになります・・・。
向こうでもスウィーツのお店やマーケットに、ブロックのようにファッジやトフィが
山積みされているのを見かけますが、大人の方も大好きのようで、
みなさん止められないんだろうな~というのを実証させていただきました。
出典 「慣れると美味しいファッジ/イギリスのスウィーツ」piskeyさん―英国とヴィンテージ雑貨あれこれより

4. McVitie’sのビスケット

Photo credit: clive darra via flickr cc

安いのにおいしいとイギリスで一番人気のビスケット。このビスケット、イギリスで毎秒52枚の割合で消費されていると言われているそうです。そして、このビスケットを作っているMcVitie’s社はイギリスで最も有名なお菓子メーカーで、ウィリアム王子やキャサリン妃のウェディングケーキも手がけています。
ビスケットは、全粒粉を使っているため、香ばしさとざくざくとした食感を楽しむことができ、パッケージは海外製品らしいおしゃれなデザイン。さらに、嬉しいのがこのビスケットの値段! なんと1つ1ポンドという安さです。スーパーマーケットやコンビニで手軽に買うことができますよ。
いろんな種類が出ていますが、定番はチョコレートビスケット。
自信を持って渡せるイギリス土産になること間違いなしです。

McVitie’sのHPはこちら

一枚でもずっしり重さがあり、かなり食べ応えがある感じでしたよ。ザクザク食感で、ジンジャーの味がいいアクセントになっていました。粗つぶしのナッツが練りこんであるのでナッツの食感や香ばしさもしっかり楽しめて、結構満腹感を感じるビスケットでしたね。子供からも評判がよかったですよ。
出典 「明治 McVitie’s マクビティ Ginger Nuts Biscuit」ホーリーズさんの口コミレビュー-情報ランキングサイト 口コミランキングGOGO!より

5. TERRY’S のチョコレートオレンジミルク

Photo credit: Evan-Amos (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

オレンジの形をしたパッケージに包まれたかわいいチョコレート。開けると中にはオレンジをカットしたかのようなチョコが! しかも切り口までしっかりとオレンジを再現してあります。ユニークでかわいらしいチョコレートなので、思わず笑顔がこぼれてしまうそんなチョコレート。
味もほんのりとしたオレンジの香りと酸味がちょうどよくて、やみつきになるおいしさです。
お土産うけがよく、印象に残るチョコレートです。
コンビニやスーパーマーケットで買うことができます。

カットスタイルがオレンジを房分けしたような形状が見た目面白く、ミルクチョコなのにあっさりした風味で美味しいです。
宴席に持ち込んだが、かなりの好評だった。
出典 「なかなか美味しい, 2014/1/21」相坂 恭行さんのカスタマーレビュー-Amazonより

6. Tunnock’sのティー・ケーキ

Photo credit: tom_bullock via flickr cc

個人的に大好きなお菓子。ビスケットの様なサクサクとした生地の上にマシュマロをのせ、チョコレートでコーティングしたもの。大きさは直径5cmほどで、ドーム型をしています。
紅茶によくあう甘いお菓子です。値段は6個入りで約1ポンドと庶民的なお菓子です。でもなぜか、そのかわいらしいコロンとしたフォルムが、上品さを感じさせます。
いろんな会社からティーケーキは出ていますが、イギリスのスコットランド生まれで、1890年にトーマス・タンノックさんによって創業されたTunnock’sが元祖です。
このTunnock’sで作られるお菓子は、おばあちゃんの家でよく食べた、子供の頃を思い出す懐かしの味として、イギリスの人達から愛されています。
ティーケーキも中にキャラメルワッフルが入ったものや、ミルクチョコレートやダークチョコレート味があったりと種類もいくつかあります。
パッケージもレトロ感があって、味があります。
どこのスーパーでも売っていますし、小さな売店でも売っています。10個入り、6個入りからバラ売りまであるので、お土産の送り先に合わせて買えるのも嬉しいですね。

Tunnock’sのHPはこちら

激甘ですが、素朴でいかにもイギリス人が好きそうなお菓子です。
タンノックからは、キャラメルウエハースも発売されており、こちらも濃厚でとてもおいしいです
出典 「Tunnock’s の激甘 Tea Cake」Lady Masalaのブログより―ロンドン発 -庶民的生活

7. ショートブレッド

Photo credit: Clive Darra via flickr cc

イギリスを代表するお菓子と言えば、バターをたっぷりと使ったショートブレッド。発祥地はスコットランドです。サク、ホロっとした食感で、素朴な味がたまりません。
日本でもWalkersは人気がありますよね。ショートブレッドの本場イギリスでは、いろんなメーカーから出ていて、それぞれ少しずつレシピも違ってくるので、是非食べ比べしてみてください。BORDERのショートブレッドも人気があるので、試してみて下さいね。
イギリスのお土産として1位2位を争う人気のお土産。紅茶とは抜群の相性なので、一緒にあげたらさらに喜ばれるかもしれませんよ。
個人的にお土産におすすめなのは、M&Sのテレフォンボックスに入ったショートブレッド。真っ赤なテレフォンボックスの入れ物がかわいくて、イギリスのお土産感もアップするので、お土産屋さんで是非みつけてみて下さい。
ショートブレッドはスーパーやお土産屋さんなどで買えますよ。

イギリスへ旅行に行った友人からお土産でもらいました。
形がカ◯リーメイトみたいだな、と思いつつ食べてみると、バターの味わいが口の中に広がり、とても美味しくびっくりしました。塩味と甘味も程よく、シンプルながら、私が今まで食べたショートブレッドの中で一番においしいと思いました
出典 「シンプルでおいしい」ウォーカー ショートブレッドフィンガー#110 250gのカスタマーレビュー-Amazonより

8. Biscuiteersのビスケット

Photo credit: Merlinmerton (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

ロンドンにあるアイシングのお菓子屋さん。カラフルに色づけられたアイシングシュガーを、クッキーやケーキに装飾する技法は、イギリス王室が発祥と言われています。
このお店では、カラフルなアイシングにデコレーションされたいろんな形のクッキーや、チョコレート、カップケーキがとってもかわいいんです。
シーズンものや、感謝用、誕生日用、ごめんなさい用、ウェディング用、出産祝い用など、メッセージ系のものもあるので、お土産を渡す時期や、相手によって選んであげると喜ばれると思いますよ。イギリスらしいモチーフ(例えば地下鉄のロゴや赤い電話ボックスなど)のアイシングクッキーもあるので、イギリスらしいお土産を贈りたい人には、これがおすすめかな。また、アイシングクッキーの教室も開いているので、手作りしたアイシングクッキーをお土産にするのもおもしろいかもしれませんね。
でもあまりにかわいすぎるので、食べられないかも!?

白と黒の可愛らしい外装。そして店内にはたくさんのカラフルなアイシング。とても女子受けしそうなお店で、ここで売られているアイシングクッキーとかもお土産にちょうどいいと思います。
出典 “カラフルなアイシング” Biscuiteers Boutique and Icing Cafeの口コミ-トリップアドバイザーより

9. ダッチーオリジナルズ(Duchy Originals)

Photo credit: Ippei Suzuki via flickr cc

チャールズ皇太子がパトロンとして関わっているブランドです。オーガニック素材にこだわっていて、その商品はジャム、アイスクリーム、牛乳、ドレッシングなど多岐にわたります。日本でもクッキーなどは買うことができますが、本場イギリスでは種類も商品も豊富なので、日本では買えないものをお土産にすれば、喜んでもらえると思いますよ。ダッチ―・オリジナルズの商品はクッキーなどは1箱2ポンドと、若干高めですが、最高級の食材を使用しているし、王室のお墨付きなので味は間違いないと思います。また、ハイセンスなパッケージなので、お土産に適していますよ。
ダッチ―オリジナルズは、ロンドンのスーパーマーケットや有名デパートで販売していて、特にウェイトローズは品揃えが豊富です。お土産屋さんや空港でも販売していますが、スーパーマーケットなどで、買った方がお得なので、そちらで買うことをおすすめします。

ダッチーオリジナルズのHPはこちら

レモン風味が好みです。プツプツした食感がいいです。ダッチーは原料にこだわりがあるので安心して食べられます。
出典 「レモンが効いています!」ダッチー レモンショートブレッド 150g (食品&飲料)のカスタマーレビュー-Amazonより

雑貨・ファッション

10. Superdrug☆のコスメ商品

Photo credit: Ellie via flickr cc

パッケージがかわいいコスメがたくさん揃っているイギリスのドラッグストア、Superdrug。
女の子なら立ち寄るだけでもハッピーな気分になれるお店ですよ。プチプラなのでハッピー気分も倍増! 自分用に、友達へのお土産用に買いたいアイテムですね。
チェーン展開をしていて小型店舗が街中にあるので、ついで買いできちゃいます。
女子に喜ばれること間違いなしのお土産ですよ。
また、Superdrugオリジナルブランドの商品もあるので、是非試してみては?

めちゃめちゃシャイニーなリップグロス(^ε^)ピンクパール♪
オーロラのすっごい細かいラメがいっぱい入っていい感じ。。。
しかし、海外コスメはほんときらきらでかわいい♥
購入したアイシャドウがすこぶる調子よい!
superdrug っていうドラッグストアで買ったんですけどね^^
そこに売っていたbeautyuk っていうコスメブランドのものなんだけど、すごい発色が良くて、周りにも評判が良かったのです。
出典 「海外コスメ♥お土産」りんぱんさん―RinPan❤Beauty-使えるコスメより

11. ミュージアムグッズ

Photo credit: Walter Lim via flickr cc

ユーモラスでかわいくてしゃれっ気のあるお土産を送りたいなら、ミュージアムグッズがおすすめです。
イギリスにはたくさんの美術館や博物館があり、センスがよく個性的な商品が
たくさんあるので、是非、芸術作品と一緒にお土産用のミュージアムグッズ巡りも楽しんでください。そこでしか買えないものなどもありますよ。
特に写真集などは、のちに入手困難になるものもあったりするので、アート好きな方で、買うか迷ったなら即買いすることをおすすめします。
ミュージアムショップにはアイテムが豊富にあります。ポストカードやカレンダー。キーホルダーにマグネット、展示品をモチーフにしたお菓子、マグカップなどちょっとしたアイテムから、傘やバッグ、アクセサリーといったファッションアイテムまでありますよ。特にナショナルギャラリーや大英博物館には誰もが知っているモチーフのグッズがたくさんあり、思わず買いたくなってしまいます。
大英博物館の有名なお土産
お風呂に浮かばせるコスプレしたアヒル、ロゼッタ・ストーンのUSBメモリー、イズニク陶器柄のグッズなど

ミュージアムにあるものをモチーフにしたお土産に圧倒されました。なかでもロゼッタストーンがモチーフになっているグッズの充実ぶりがすごい。グッズを見て回るのも楽しみになっています。
出典 “お土産がいっぱい” 大英博物館の口コミ-トリップアドバイザーより

12. NIVEAのリップ缶

Photo credit: ppc1337 via flickr cc

日本でも愛されているNIVEAにはイギリス限定の商品があり、人気のお土産になっています。使用感はすでに日本でもお墨付き。保湿力も高く、しっとりとした使い心地です。
イギリス限定の商品のおすすめのフレーバーは、キャラメルクリームやバニラ&マカダミア。その他にもいくつかフレーバーがあるので、是非お気に入りの香りを見つけてお土産にしてみてください。
NIVEAのリップ缶はドラッグストアで安く売っていて、この使用感と、パッケージのかわいさから自分用にまとめ買いする人も多いですよ。

シアバターに香りがついてるって感じですが 香りもなかなか良いですし
使い勝手も本当にいいです
リップはもちろんですが 冬場のカサついた指先にも使用しています
出典 クリンゴンさんのNIVEA(海外) / LIP BUTTERへのクチコミ-@cosmeより

13. 国旗柄の雑貨

Photo credit: Alex France via flickr cc

ペンなどの文房具など、ちょっとしたものでもユニオンジャック柄のアイテムはそれだけでおしゃれ。しかもイギリスらしいお土産なので、お土産に最適です。
ひとえにユニオンジャック柄といっても、かわいいものからクールなものまで、いろんな商品やデザインのものがあるので、旅行に行ったら必ず欲しくなってしまいます。
男性や女性、年代問わず人気のお土産です。

14. パディントン・ベアのグッズ

Photo credit: emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM⑧ ~オックスフォード~

イギリスの作家マイケル・ボンドの作品に登場するキャラクター、パディントン・ベア。
パディントン・ベアは1958年10月に出版された「くまのパディントン」の主人公です。赤い帽子に青いダッフルコートを身に着けた、ほのぼのとしたかわいらしいくまです。
「くまのパディントン」は70もの作品が世に出され、30の言語に翻訳され、現在でも、全世界で愛され続けています。
また、パディントン・ベアの生誕の地であるパディントン駅には、パディントンの像やショップがあるので、パディントンファンなら、是非とも訪れてもらいたいです。
お土産屋さんでもパディントングッズは買えますが、駅にあるショップは専門店なので、グッズが充実していますよ。

本当にパディントン好きにはたまりません。大きなパディントンがお迎えしてくれます。キーホルダーも絵本も日本にはない商品ばかり。
出典 「可愛いです」パディントンベアショップのクチコミ-フォートラベルより

15. イギリスの記念切手

Photo credit: Howard Lake via flickr cc

イギリスの記念切手は、デザインもかわいかったりユニークなものが多く、頻繁に期間限定の記念切手が発売されます。あまり、大々的に宣伝されることがないので、インターネットでチェックするか、イギリスの郵便局で直接チェックしてみてください。
イベントがある毎に新しいデザインの切手が登場するので、イギリスを訪れる毎にチェックするのも楽しいですよ。今までも、「ビートルズ誕生○年記念」や「ロンドンオリンピック開幕記念」、ハリーポッターなどの映画の公開記念などがありました。
使えるのはイギリス国内だけですが、イギリス旅行の記念として飾ったり、コレクションしてみたり、シールとして使ってみたりするのもいいと思います。
今だと、スターウォーズの記念切手が販売されていますよ。スターウォーズファンなら喜ぶかも!

16. Anya Hindmarchの商品

Photo credit: yamada kazuyuki via flickr cc

モデルや女優達などのセレブから人気のブランド、Anya Hindmarchはロンドン発のバッグブランドです。故ダイアナ妃が愛用していたことでも有名です。
ハイブランドなので、約10万円ぐらいのバッグが置いてありますが、中には5万円弱のものもあります。
カジュアルなものや、ラグジュアリーなもの、ユニークでかわいいデザインのものなど幅広く、シエナ・ミラーやスカーレット・ヨハンソンといったおしゃれセレブからも支持されています。しっかりとした作りで、丈夫なのも嬉しいです。
おしゃれ女子ならほしくなっちゃうと思いますよ。バッグ以外にもお財布やちょっとした小物などがあるので、手に入れられるアイテムもあるかも!
日本では20代から30代の女性に人気があります。

食品

17. マーマイト

Photo credit: Bill Bradford via flickr cc

イギリスの食文化を代表する、マーマイト。イギリスではメジャーの味とされていますが、好き嫌いがはっきりと分かれる味としても有名で、イギリスの食事がまずいとされるようになった食品のひとつでもあります。
一見、チョコレートペーストみたいですが、主な原料は、ビールの醸造過程で増殖させ、沈殿したものを集めた酵母。食べ方はパンにつけるのが一般的で、塩辛のようにしょっぱくて、不思議な味。私は嫌いではありませんし、全然食べれます。
ビタミンBがたっぷりと含まれていて、美容や健康にもいいとされています。
スーパーマーケットで安く売られていますし、イギリス土産のネタとしてもいいかもしれません。
とってもイギリスらしい商品で、お土産として外せないものなので、是非トライしてみては!?

マーマイトのHPはこちら

ビール酵母やデミグラスソースの苦味+若干の甘さ。
ブラウンシチューや濃い目のトマトのシチュー、カレーの隠し味に使うとおいしさ引き立つだろうな。
ミートソースに小匙1入れたら、デミグラスソースっぽい奥深さがでました、これいい!カレーにもあいます、ビール酵母と同じですね。
トーストしました。バターもつければ好みでした、小匙に1/3つけたらほどいいから長持ちしそう。
出典 らいちじゃむさんのマーマイト(Kitchen Garden) みんなのレビュー・口コミ-楽天市場より

18. レモンカード

Photo credit: Rebecca Siegel via flickr cc

爽やかな甘酸っぱさが印象的な、イギリス生まれのスプレッド。レモン汁と卵、バター、砂糖で作ったもので、見た目はカスタードっぽい感じ。味は、ジャムよりもリッチ感があって濃厚です。
さらに、そこにレモンの皮をすりおろしたものを入れて、よりレモンの爽やかな香りを楽しむのもgood。使い方はジャムと同じで、パンにつけたり、スイーツをアレンジをするときに使用したりと、用途によって様々です。なので、お料理好きな人にあげると喜ばれると思いますよ。でも、こんがりと焼いたバゲットにたっぷりとレモンカードを塗って紅茶と一緒に楽しむのがイギリス流の定番の楽しみ方。
スーパーマーケットでも買えますが、おすすめはM&Sといった高級スーパーのレモンカードです。

酸っぱいのを想像していましが、甘いです。マフィンやチーズケーキを焼くときに使いたいです。もちろんそのままパンに塗っても。
出典 「マッカイ レモンカード 340g(カルディコーヒーファーム)」の購入者さんのレビュー・口コミ-楽天市場より

19. OXO(オクソ)の調味料

Photo credit: ozz13x via flickr cc

イギリスのどのスーパーマーケットでも売っている、OXOの簡単調味料。
OXOはイギリスのブイヨンメーカーで、固形スープの元祖を作った会社です。固形スープの味はチキン、ベジタブル、ビーフの3種類です。この固形キューブをカップに入れてお湯を注いで、そのままスープとして飲んだり、料理に使用することもできます。
その他にも、グレイビーの素や七面鳥用ソース、ストックキューブなどがあります。ストックキューブはベジタブル、フィッシュ、チキン、ビーフ、ハム、ポーク、ラムなどいろんな味のものがありますよ。
イギリス在住の方が、イギリスの食品、調味料としてお土産におすすめしていることが多いアイテムです。

20. カレースパイス

Photo credit: sara marlowe via flickr cc

実はイギリスの国民食になっているものは、カレー。あまりピンとこないかもしれませんが、イギリスにはパキスタンやスリランカなどからの移民が多いため、本場のおいしいカレーが食べられるお店が多いんです。
そのため、いろんなメーカーやスーパーから、カレー用のスパイスが販売されています。種類も充実しているので、お好みのスパイスを集めて、家でオリジナルのカレーを作ってみては!?

店舗一覧

上記で紹介したお土産が買える店舗をご紹介

.tg {border-collapse:collapse;border-spacing:0;}
.tg td{font-family:Arial, sans-serif;font-size:14px;padding:10px 5px;border-style:solid;border-width:1px;overflow:hidden;word-break:normal;}
.tg th{font-family:Arial, sans-serif;font-size:14px;font-weight:normal;padding:10px 5px;border-style:solid;border-width:1px;overflow:hidden;word-break:normal;}

スーパー
マークス&スペンサー/Marks&Spencer
住所: 458 Oxford St. London,イギリス
電話番号: +44 171 935 7954
営業時間:月~金 9:00~21:00、土 9:00~20:00、日・祝 12:00~18:00
URL:http://www.marksandspencer.com/
■ウェイトローズ/Waitrose
住所:Canada Place, Canada Square,Canary,Wharf,London E14 5EW,イギリス
電話番号:+44 20 7719 0300
営業時間:月~金 7:30~21:00、土 8:30~20:00、日 12:00~18:00
URL:http://www.waitrose.com/
セインズベリーズ/Sainsbury’s
住所:71-77 Tooting High St.London SW17 0TQ,イギリス
電話番号:+44 20 8767 6809
URL:http://www.sainsburys.co.uk/
テスコ/Tesco
住所:1-4 Charing Cross, London イギリス
電話番号:+44 845 026 9353
URL:http://www.tesco.com
■エムアンドエス/M&S Waitrose
住所:Westfield London:ArielWay, London W12 7GF,イギリス
電話番号:+44 20 3371 2300
営業時間:月~土 10:00~22:00、日 12:00~18:00

百貨店
ハロッズ/Harrods
住所:87-135 Brompton Rd, London SW1X 7XL,イギリス
電話番号:+44 20 7730 1234
営業時間:月~土 10:00~21:00、日 11:30~18:00
URL:http://www.harrods.com/
■セルフリッジズ/SELFRIDGES&Co
住所:400 Oxford St. Greater London, W1A 1AB, イギリス
電話番号:+44 800 123 400
営業時間:月~土 9:30~21:00、日 12:00~18:00
URL:http://www.selfridges.com/JP/en/
■ハーヴェイニコルズ/Harvey Nichols
住所:109-125 Knightsbridge,London, SW1X 7RJ,イギリス
電話番号:+44 20 7235 5000
営業時間:月~土 10:00~20:00、 日 11:30~18:00
URL:http://www.harveynichols.com/
■ハウス・オブ・フレイザー/House of Fraser
住所:318 Oxford Street London W1C 1HF,イギリス
電話番号:+44 844 800 3752
営業時間:月~土 9:30~21:00、日 9:00~18:30
URL:http://www.houseoffraser.co.uk

紅茶屋さん
フォートナム&メイソン/Fortnum & Mason
住所:181 Piccadilly, London W1A 1ER,イギリス
電話番号:+44 20 7734 8040
営業時間:月~土 10:00~20:00、日 12:00~18:00
URL:https://www.fortnumandmason.com/
■ポストカードティー/Postcard Teas
住所:9 Dering St London W1S 1AG,イギリス
電話番号:+44 20 7629 3654
営業時間:10:30〜18:30
■東インド会社/East India Company
住所:7-8 Conduit Street, London, W1S 2XF,イギリス
電話番号:+44 20 3205 3380
営業時間:10:00〜19:00(日 〜17:00)
URL:http://www.theeastindiacompany.com/
■トワイニング/Twinings
住所: R. Twinings and Co Limited The Twinings Museum 216 Strand London WC2R 1AP,イギリス
電話番号:+44 20 7353 3511
営業時間:9:30〜19:30、土 10:00〜17:00、日 10:30〜16:30

ドラッグストア
■ブーツ/Boots (グロスター通り店)
住所:128 Gloucester Rd London SW7 4SF,イギリス
営業時間:月~金 8:00~20:00、土 9:00~19:00、日 10:00~18:00
URL:http://www.boots.com/webapp/wcs/stores/servlet/TopCategoriesDisplay?webrewrite=Y&langId=-1&storeId=10052&geoOpts=Y&catalogId=11051
■スーパードラッグ/Superdrug
住所:452 456 Brixton Road Brixton SW9 8EA,イギリス
電話番号:+44 20 7738 3669
URL:http://www.superdrug.com/

ファッジの専門店
■ファッジハウス/The Fudge House
住所:197 Canongate, Edinburgh, Midlothian EH8 8BN,イギリス
電話番号:+44 131 556 4172
URL:http://fudgehouse.co.uk/

博物館
■大英博物館 ミュージアムショップ/The British Museum Shop
住所:Great Russell Street, London WC1B 3DG イギリス
電話番号:+44 20 7323 8299
営業時間:9:00~18:00(金 ~20:30)
定休日:1/1、12/24~26
URL:http://www.britishmuseumshoponline.org/

パディントン・ベアの専門店
パディントン・ベアショップ/Paddington Bear Shop
住所:Paddington Station London W2 1RH
電話番号:+44 20 7706 0268
営業時間:月~金 7:00~19:30、土 9:00~18:30、日 9:00~19:00

■Biscuiteers
・住所:194 Kensington Park Road London, W11 2ES,イギリス
電話番号:+44
20 7727 8096
・住所:13 Northcote Road London, SW11 1NG,イギリス
電話番号:+44 207 924 5488
営業時間:月~土 10:00~18:00、日:11:00~17:00
URL:http://www.biscuiteers.com/

記念切手が買える場所
■イギリスの郵便局/UK Royal Mail Stamps
住所:24/28 William Iv Street London WC2N 4DL,イギリス
電話番号:+44 845 722 3344
営業時間:月~金08:30~18:30(火曜のみ9:15~)、土 09:00~17:30
定休日:日曜日
URL:http://www.royalmail.com/personal/stamps-collectibles-gifts

■アニヤ・ハインドマーチ/Anya Hindmarch本店 他3店舗
住所:15-17 Pont Street,London, SW1X 9EH,イギリス
電話番号:+44 207 838 9177
営業時間:月~土 10:00~18:00
定休日:日曜日
URL:http://www.anyahindmarch.com

おわりに

せっかくお土産を買うなら、相手に喜んでもらいたいですよね。
このイギリスのお土産特集を参考に、是非、相手に喜んでもらえるお土産を選びましょう。
お土産と一緒に、イギリスの小話を添えて、、、。

ライター:Satoko Sumitomo
Photo by: emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM⑥ ~ロンドン2日目~

関連旅行記

*Yuichi Kudo「英国スコットランドとイングランドの旅
*Yumi Nakamura「【ロンドン一週間満喫の旅】女子一人でマイペースにロンドン観光
*大西桜子「シャーロック・ホームズを堪能するイギリス・ロンドンの旅!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP