体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自分の限界を超える「40%ルール」とは?米国特殊部隊・ネイビーシールズ直伝

3iu2215523070

長距離マラソンがきっかけで知り合った、ネイビーシールズ隊員を口説き落とし、1ヶ月間の共同生活を体験したJesse Itzler氏が「Big Think」に私見を述べている。

肉体ではなく精神を鍛えるためのレッスン、心の壁を超えるためのネイビーシールズ流、”40%ルール”に注目だ。

“鉄の意志”を持つ男
ネイビーシールズとの出会い

_138987197

サンディエゴで開催された100マイル(160キロ)マラソンに6人チームのリレー形式で参加した私は、全工程をたったひとりで挑もうとしているネイビーシールズの青年に出会った。

基本的に大会側からのサポートが何もない長距離マラソンだ。参加ランナーたちは自ら補給品などを携行する必要がある。私たちはテントもあれば、専属のマッサージ師も同行させていた。一方、彼は折りたたみの椅子にペットボトルの水とクラッカーのみ。こんなストイックな長距離ランナーを見たことがなかった私は、特殊部隊所属の青年に興味を持った。

見た目からして体重100キロを超える彼は、70マイル(112キロ)を過ぎた地点でレースを終えた。後になって知ることだが、この選択は正しいかった。
なぜならこの時、青年の両足の軟骨は折れ砕け、腎臓にも異常が発生していた状態だった。オフィシャルドクターがいたなら、間違いなくドクターストップだったろう。

口説き落として
1ヶ月間限定の
共同生活がスタート

291559331

大会が終わった後も、青年のことが忘れられずにいた私は、Google検索で彼の名前をヒットさせ、心のままに衝動で彼を訪問していた。

快く招き入れてくれた彼との会話を通して、ネイビーシールズという特異な体験を通して形成された、彼の思考から学ぶべきことがたくさんあると直感的に思った。私は彼に1ヶ月間限定で、自分の家族と共に暮らさないかと提案。私の熱意に押され、彼もそれを受け入れてくれた。

家族にも恵まれ、仕事も順調にいっていた私だが、慢性的なマンネリを感じていたこともまた事実。日々のルーチンワークはいい面もあるが、マンネリにも陥りやすい。まったく違う道を歩んできたネイビーシールズとの共同生活は、マンネリを脱するための格好の機会でもあったのだ。

「もう限界…」は、
自分の弱さが決めている

24863351

彼が我が家にやってきた初日、私はこう質問された。「何回くらい懸垂できそうかい?」ちなみに、彼らの日課は、1日100回、しかも休みなく一度にやってのけるそうだ。

腕力に自信のない私は8回こなすのが精一杯だった。すると、「30秒だけ休んでもう一度トライしてみよう」の声が。言われるがままに実行するも、先ほどよりも回数が落ちて6回だけ。ここで、まさかの声がかかる。「さあ、30秒後にリトライだ」。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。