ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

グラフィックや端子を拡張する専用ドック付属の『VAIO Zシリーズ』が7月30日発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

グラフィックや端子を拡張する専用ドック付属の『VAIO Zシリーズ』が7月30日発売へ

ソニーは、薄型・軽量の13.1型ワイド液晶搭載ノートパソコン(PC)『VAIO Zシリーズ』夏モデルを7月30日に発売します。グラフィックや端子を拡張する専用ドック『Power Media Dock』が付属するのが特徴で、外出時には薄型・軽量な本体を持ち歩き、自宅やオフィスではパフォーマンスを向上して外部機器と組み合わせた利用ができます。店頭販売する標準仕様モデルの市場推定価格は約25万円。

厚さ約16.5mm、重量約1.165kgの薄型・軽量モデル。外装にカーボン素材、パームレストにアルミを使用し、断面を六角形状にした『Hexa-shell(ヘキサシェル)』構造を採用して強度を高めています。

本体のCPUは第2世代の『インテル Core i5-2410Mプロセッサー』、SSDを搭載し、起動時間はシリーズ最速の約13秒を実現しています。内蔵バッテリーによる駆動時間は約9時間。別売りのフラットな『シートバッテリー』を底面に装着すると、最長で約17.5時間の駆動が可能になります。

ソニー直販の『VAIO オーナーメードモデル』では、次世代の高速通信規格であるLTE内蔵モジュールの選択、CPUに第2世代の『インテル Core i7-2620Mプロセッサー』、ストレージに第3世代のSSD RAID、ディスプレーにフルHD液晶を選択可能。

最大4画面の表示が可能

『Power Media Dock』には、グラフィックアクセラレーター『AMD Radeon HD 6650M』を搭載。高解像度の動画の再生や3Dゲームなど、負荷の高い処理も快適に行えます。HDMI出力、VGA出力、LAN端子、USB端子3系統、DVDスーパーマルチドライブを搭載し、本体の機能を拡張可能。本体の液晶モニタ、VGAまたはHDMIで出力した外部モニタ1台、さらに『Power Media Dock』からVGAとHDMIで2つの外部モニタを加えて、最大で4画面の表示が可能になります。

『VAIO Z』店頭販売モデル『VPCZ219FJ/B』主な仕様
OS:Windows 7 Home Premium with Service Pack 1 64ビット正規版
CPU:Core i5-2410M(2.30GHz)
ディスプレー:13.1型ワイドWXGA++(1600×900)
メモリー:4GB(2GB×2)
ストレージ:SSD 128GB
グラフィックアクセラレーター:インテル HD グラフィックス 3000
ネットワーク:W-LAN(abgn)、WiMAX
カメラ:HD Webカメラ
Bluetooth:2.1+EDR
メモリーカード:“メモリースティック デュオ”スロット×1、SDメモリーカードスロット×1
インタフェース:Hi-Speed USB(USB 2.0)×1、LAN、HDMI出力、ミニD-Sub 15ピン、ヘッドホン端子、ドッキングステーション.USBコネクタ(USB2.0/USB3.0機器接続用)
『Power Media Dock』機能拡張:AMD Radeon HD 6650M(1GB)、DVDスーパーマルチドライブ、USB3.0×1、USB2.0×2、VGA出力、HDMI出力、LAN端子

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。