体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

英語マスターのコツは「身体」で覚えること!今から始められるボディランゲージの基本編・初級編

f:id:careerca:20151102163020j:plain

日本人がシャイであることは全世界的によく言われることですが、ただ日本人が本当に全員シャイかというと、そうでもありません。事実、日本人同士の会話やミーティングは非常に盛り上がることもありますし、日本語であれば外国人とでも積極的にコミュニケーションを取れます。

ではなぜ日本人は英語になると”シャイ”になってしまうのでしょうか?

話しやすい人と、話しにくい人の違いって?

f:id:careerca:20151102163033j:plain

ひとえに外国人といっても、中には日本人でも話しやすい人もいます。これは主に日本に長い間住んでいる人や、英会話スクールの講師などが挙げられます。逆にすごくフレンドリーで気さくなのに、日本人にはあまり受け入れられない外国人の方もいます。

この違いは一体なんでしょう?

実は外国人の方でも、長い間日本に住んでいると自然と日本人に”合わせる”ようになるという傾向があります。話すスピードが遅くなるのはもちろんのことですが、日本との文化的違いから日本人にもわかりやすいジョークなどを交えて話すようになります。ただ、なかでも一番顕著な違いは、ボディランゲージが少なくなることです。

日本人はボディランゲージ嫌い?

f:id:careerca:20151102163046j:plain

日本の文化にも、お辞儀や合掌など、さまざまなボディランゲージは存在します。ただ英語ネイティブたちのように、特定の意味もないのに話している間ずっと手を動かしたり、表情を大きく使って表現するということは多くありません。

こうした違いから、ネイティブたちの感情を全面に出したコミュニケーションは日本人からすると「暑苦しい」「怖い」というふうに映ることがあります。

“シャイ”なのではなく、感情を出す準備ができていない

日本人はもともと感情をわかりやすく表に出すのが苦手です。そのため、直接的に言わずに相手にそれを察してもらうようなコミュニケーションが発達しました。対して英語でのコミュニケーションは身体や表情、声色など、あらゆるものを駆使して自分の言いたいことをはっきりと伝える言語です。

日本語でのコミュニケーションに慣れている日本人が突然こうした感情的な話し方をされると、慣れていないために思わずびっくりしてしまいます。

そのため、簡単に聞き取れそうな言葉でもその迫力に押されて聞き逃してしまいます。

実はさまざまなヒントが隠れているボディランゲージ

英語は全身を使って伝える言語のため、自ずとボディランゲージも相手の言いたいこととそのまま直結しています。つまりボディランゲージのなかには、相手が話した言葉のヒントがたくさん隠れているということです。

にも関わらず、日本人の多くが相手の話している言葉にばかり意識を集中させているため、相手が身体全体で放っているヒントに気づかずにいます。

逆にいえば、こうしたボディランゲージを自分でもマスターすれば、たとえ言葉がでてこなくても相手に自分の気持ちであったり、言いたいことが伝わることも多々あります。

f:id:careerca:20151102163105j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy