体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ドット絵】マンガ『ファイナルリクエスト』が放つ”戦乙女・ヴァルキリー”の新機軸

ヴァルキリーズ

“戦死者を選定する女”から“戦死者を積み上げる女”へ。
80年代からよみがえった“ドット絵の戦乙女”は何を殺すのか?

業界初の全編ドット絵マンガ『ファイナルリクエスト』単行本の第2巻が2015年11月9日に発売された。

物語の舞台は、レトロRPG”ファイナルクエスト”(このタイトル大丈夫……?)で魔王を倒した後の世界。バグにまみれた世界から居なくなった勇者を探す仲間NPCたちの冒険が、懐かしのドット絵アイロニーとペーソスあふれるストーリーに仕上げられており、ファミコン・スーファミ世代のゲーマー・元ゲーマーから非常に高い評価を受けている。

FRQ2

今回も中身はフルカラーのドット絵!

2巻では1巻に引き続き、勇者の元仲間が集結世界の真理と謎に迫る冒険が展開される。じじいとおっさんばかりだった物語にも次々とが加わるわけだが、今回は2巻より本格登場するキャラクター“ヴァルキリー”“シロテ姫”にスポットを当てて紹介したい。

……が、その前に。「まだ読んだことがない!」という方は、まずはニコニコ静画での視聴をお勧めしたい。2015年11月30日までなら全話が公開中。百聞は一見に如かずだ。

水曜日のシリウス:ファイナルリクエスト
http://seiga.nicovideo.jp/comic/12658

ゲーマー男子あこがれの高根の花”ヴァルキリー”

“ヴァルキリー(ワルキューレ)”の原典は北欧神話に登場する女性の半神であり戦死者の魂を不死の戦士”エインヘリアル”として主神オーディンに差し出す”戦乙女”である。血生臭い戦場にペガサスで舞い降りる天女のような姿は、美しくも畏れ多い存在として絵画等に描かれてきた。

日本のゲーム、特にRPGでもヴァルキリーは一定のイメージとキャラクター像が確立されている。古くはナムコ(現バンダイナムコ)の『ワルキューレの冒険』があるが、日本での“戦乙女像”を明確に定めたゲームは1999年にエニックスが発売した『ヴァルキリープロファイル(VP)』に間違いないだろう。

レナス

(C)SQUARE ENIX

VPの主人公“レナス”は、美しく高潔でありながらも勇ましく敵に立ち向かう”戦乙女”だった。羽をあしらったヨロイとカブト、風になびくロングスカート、剣を携え祈るようにしおらしくうつむく銀髪の乙女……。吉成曜・吉成鋼兄弟によるイラストは、数多のゲーマー少年の心を揺さぶり、わしづかみにした。(筆者もその一人であり、VPは個人的にベストオブJRPGと思っている)以降、国内のゲームに登場するヴァルキリーの姿かたちのほとんどがVPのレナス像に影響を受けている。今を時めくソーシャルゲーム“パズドラ”“モンスト”に登場するヴァルキリーもその例外ではない。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy