ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

タイムトラベルアクションの新作DCコミックドラマ『DC’s Legends of Tomorrow(原題)』予告映像が公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

CWテレビジョン・ネットワークは、スーパーヒーロー・シリーズのスピンオフ版ドラマ『DC’s Legends of Tomorrow(原題)』の最初のフル予告編を公開した。このテレビドラマは、寄せ集められたたくさんのヒーローとアンチヒーローたちがチームを組んで時空を旅し、不死の悪役ヴァンダル・サヴェージ(キャスパー・クランプ)を退治するストーリーとなる。

この新シリーズには、CWテレビジョン・ネットワークで放映中のDCコミック原作のドラマ『ARROW/アロー』と『THE FLASH/フラッシュ』のキャラクターたちが登場する。主な登場人物として、ホークガール/ケンドラ・サンダース(シアラ・レネー)、レイ・パーマー/アトム(ブランドン・ラウス)、サラ・ランス/ホワイトキャナリー(ケイティ・ロッツ)、ファイヤーストームとドクター・マーティン・シュタイン(ヴィクター・ガーバー)、ジェイ・ジャクソン(フランツ・ドラメー)、ミック・ローリー/ヒート・ウェーブ(ドミニク・パーセル)、レナード・スナート/キャプテン・コールド(ウェントワース・ミラー)らに加え、新キャクターのリップハンター(アーサー・ダーヴィル)やカーター・ホール/ホークマン(フォーク・ヘンチェル)らが出演する。

もっと見る:CWテレビジョン・ネットワークは『DC’s Legends of Tomorrow(原題)』を木曜日放送にし、『ヴァンパイア・ダイアリーズ』を金曜日放送に移動(英文)

この新ドラマは2166年のロンドンを舞台とし、サヴェージを追跡するためにキャラクターたちが1975年に送り込まれるところから展開される。また、蘇ったカップルのホークマンとホークガールの喧嘩や、犯罪者であるヒート・ウェーブやキャプテン・コールド、そしてその他のレジェンドたちの間に生じる明らかな衝突など、メンバーの間での些細な喧嘩がたくさん起こる。『ARROW/アロー』に出演中のオリバー・クイーン/アロー(スティーヴン・アメル)とローレル・ランス/ブラックキャナリー(ケイティ・キャシディ)もこのドラマに登場する。

リップハンターはこの予告映像で、「私はマン・オブ・スティールの死やダークナイトが落ちていく姿を見てきた」と、DCユニバースにおいて最も忘れられないヒーロー二人の名前を挙げ、「君たちが暮らす21世紀の世界は苦しむことになるだろう」と不吉な忠告をした。

もっと見る:新作ドラマ『DC’s Legends of Tomorrow(原題)』は“完全に常軌を逸した”作品に

『DC’s Legends of Tomorrow(原題)』の初回放送に先駆け、『ARROW/アロー』と『THE FLASH/フラッシュ』は、番組の垣根を超えた特別番組を12月1日から2夜連続で放送する。このスピンオフ版では、悪役ヴァンダル・サヴェージの話と、ホークマンとホークガールの神話の物語が放送される。

この特別版の動画はこちらから。

『DC’s Legends of Tomorrow(原題)』は、2016年1月21日(現地時間)の夜8時、『The 100/ハンドレッド』のシーズン3の初回放送の前に放送を開始する。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。