体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第2話 世界遺産や絶景だけが全てじゃない!ドイツ・デュッセルドルフの4つの魅力

今回のドイツの旅の出発地である街「デュッセルドルフ」。前回来た時には盲腸で手術をし、入院をしたのはこの街であり、久々に訪れて懐かさに胸が高鳴りました!

さあ、そんなデュッセルドルフには世界遺産や絶景ではない魅力がたっぷりあるので、今回旅して経験した事を元にご紹介致します!

なお本記事は、【特集】西ドイツ ライン・ルール地方を巡る!バックパッカーの旅の第2話となります。

 

日本から香港を経由してデュッセルドルフへ

cathypacific02

この旅では、2015年9月1日に就航したばかりのキャセイパシフィック航空の香港〜デュッセルドルフ便を利用しました。途中乗り換えのため香港国際空港で約2時間半滞在して、その時間で広東料理も満喫しちゃいました〜!

機内では常に飲み物や軽食を頂けたり、映画のラインナップもとても豊富だったので、合計約12時間のフライトも飽きることなく楽しむことができるのもその魅力の1つでしょう。

 

デュッセルドルフってどんな街なの?

germany002

ドイツ西部に位置しており、日系企業も多く、ロンドン・パリに次いでヨーロッパで3番目の日本人社会があるので、日本人にとっても住みやすい街として人気が高いのです。

またフランスやベルギーなどとも近く、この街を拠点に他のヨーロッパ諸国にも足を伸ばせるのがデュッセルドルフの魅力の1つでもあります。

 

旅して発見したデュッセルドルフの4つの魅力

1. アルトシュタット(旧市街)が心を癒やしてくれる

germany

デュッセルドルフに中央駅からライン川方面に歩いて行くと、突如として現れる「石畳の道」そして「アルトシュタット(旧市街)」。

ヨーロッパといえば綺麗な街並みも見どころのひとつかと思いますが、デュッセルドルフの旧市街もまたパリやローマなどに負けず劣らずおしゃれな雰囲気を醸しだしています。

2. ライン川のほとりで贅沢な時間を

dusseldolf02

そして、このアルトシュタットに沿うようにして流れるライン川がこの街の象徴でもあるのではないでしょうか。その落ち着いた空間に、人々の心まで豊かにしてくれる。そんな雰囲気を楽しむことができました。

dusseldolf06

僕も気付いたら黄昏れちゃっていました(笑)。

▼ちなみに夜のライン川のほとりはこんな雰囲気!

dusseldolf05

カップルや家族連れがライン川を眺めながら優雅な時間を過ごしていたり、また、いまの時期だけ移動式の観覧車があったので、よりロマンティックな雰囲気が出ててよかったなー!

3. アルトビールが最高に美味しい

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会