ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

植松晃士氏 おフェロ顔メイクは「おてもやんかお猿さん」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、世の中のオバサマたちが美しく健康に過ごせるように、アドバイスを送る。今回は流行りのメイクに物申す!

 * * *
 皆さま、ご機嫌よう! 先日、NHKで初めて子供番組に出演いたしました。これまで、子供とペットはご縁がないものと思っていたのですが、着ぐるみさん3人と並んで、ある企画の審査員を務めさせていただいたんです。

 驚いたことにモニターに映る自分の姿に違和感なし。しかも小さな子と交わすひと言ひと言が楽しくて、とても穏やかな気持ちになりました。

 それにしても、着ぐるみさんって、本当にすごいですね。“中のかた”は、さぞ暑かろうと思うのですが、キャラになりきって演じている様は、まさにプロフェッショナルそのものです。

 私は常々、「女性はその人自身の“人生劇場”の女優。女優として演じきる気概がなければ幸せはつかめない」と申していますが、私たちも着ぐるみさん、つまりコスプレするくらいの気持ちでおしゃれをすべきなんです。

 よく、「美容院に行って髪形を変えても、夫は気づかない」と、残念そうにおっしゃるかたがいますが、それはきっと“変化”が足りないからです。

 少々、鈍い殿方にもわかるくらい、はっきりと変わらなければなりません。コスプレのように、いろんな意味で盛らないと大人の女性は何というか…足りないんです。ツヤも若さも輝きも! すべてが足りません。

 とはいえ、女性のおしゃれには、しばしば「勘違い」があるものです。皆さんは最近、若いかたに流行している「おフェロ顔メイク」をご存じですか? チークを目の下ぎりぎり、涙袋からピンクにするメイクです。

 女性の間では、「湯上がりみたいなほっぺがかわいい」ということになっていますが、どう頑張っても“おてもやん”か“お猿さん”にしか見えません。

 思うに、男性にとっての女性のメイクは、美しく整えられていればいいんですよ。ファンデーションを塗ってアイシャドウ、マスカラを塗って、チークに、口紅をつけてさえいればそれで充分。

 メイクだけじゃありません。女性の考える「かわいい」と「男好み」はかなりの隔たりがあります。

 たとえば、ブーティー(短いブーツ)。女性は「今年はブーティーがトレンド」と喜んで履いていますが、男性の目を通すと“雨の日の長靴”に見えてしまいます。

 たいがいの場合、トレンドだからと取り入れたものって、男性ウケはよくないことが多いんですよ。逆に、ナチュラルストッキングのように“普通”のものを男性は好みます。

 そもそもストッキングは脚のファンデーションみたいなもので、肌の質感が均一になるし、陰影もつくのでラインを美しく見せる効果があります。男性の多くはこの“きちんと感”に好感を持つのです。

 女性の勘違いといえば「男性はスッピンが好き」というのもあります。だけど実のところ“スッピン好き”な男性はそれほど多くありません。まして「スッピンがかわいい」なんて、せいぜい20代まで。大人の女性のスッピンは…これ以上の発言は、自粛いたします。

 それはともかく、私がすごく気になるのは大人の女性の一日のお顔の変化。午前中はきれいでも、夜になるとファンデーションも眉毛も剥げきって、「あれれ」なお顔になっているかたのなんと多いこと! メイク直しくらいしましょうよ。

 せっかく女性に生まれてきたのに、女性として整えたり、飾ったりする喜びを放棄したら、もったいないですよ。

 オバさん、万歳!

※女性セブン2015年12月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
メイク本14万部突破のざわちん 三浦翔平メイクに雑誌で挑戦
てんちむ ギャルメイクのビフォーアフター写真公開!
韓国が発祥 男性ウケを目指す「ドファサルメイク」が流行中

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP