体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マリオはもともと「救助マン」という名前だった

mario1

マリオといえば『スーパーマリオブラザーズ』で世界的に有名になったキャラクターですよね。さまざまなゲーム機でマリオが主人公のゲームが発売されていますが、実はマリオの名前が、最初は違うものだったのをご存知ですか?

なんと、マリオの名前は公式設定で「救助マン」という名前だったのです。なんともストレートな名前ですね。確かにレディーやピーチ姫を助けに行きますので、救助マンという名前は間違いではありません。

また、マリオは公式設定で「ミスタービデオゲーム」と呼ばれていたこともありました。しかしいちばん悲惨なのは、マリオがはじめて登場した当時は無名だったのです。名前もないキャラクターだったんですね。あまりにも悲しすぎる!

無名よりは、救助マンという名前があるだけ幸せかもしれませんね。そんな名前の彼が、立派なマリオという名になり、よくここまで出世したものです。これからの活躍に期待です! あれ? じゃあルイージはどんな名前だったんだろう?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。