ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【今週公開のコワイ映画】2015/11/27号:『グリーン・インフェルノ』『サクラメント 死の楽園』、福満しげゆき原作『フリーキッチン』[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今週公開の怖い映画をご紹介します。今週は、超ショッキングな極上の3本が公開となりますッ。

まずはイーライ・ロス監督の食人ホラー『グリーン・インフェルノ』、続いてイーライ・ロス製作/タイ・ウエスト監督、カルト教団の集団自殺を描いた『サクラメント 死の楽園』がついに公開。この二作はホラー通信で『晩秋のイーライ・ロス祭』[リンク]として大特集しております。食人族の“人間お料理レシピ”動画、カルト教団教祖のインタビュー動画といった独占情報も掲載中。運命の同日公開で00年代ホラーの帝王、イーライ・ロスの傑作をお楽しみください!

そしてそして、こちらも見逃してはなりませんッ。まさかの『グリーン・インフェルノ』と同日公開で、国産カニバル作品『フリーキッチン』が公開となります。人気漫画家・福満しげゆきの衝撃のデビュー作を実写映画化した今作は、浮気症の夫と愛人を調理して食べたことから人肉を食卓に出すようになってしまった母親と、そんな母親の秘密を知りながらも逆らうことができない高校生の息子との穏やかで狂った日常を描く物語。詳しくはホラー通信のレビューをご覧くださいませ![リンク]

よりどりみどりの今週のホラー、どれを観に行くか迷ってしまうこととは思いますが、ハシゴするのも大変オススメ。刺激的な週末をお過ごしくださいませ。それでは今週もいってらっしゃい!

予告編とリンクが表示されない方はホラー通信の元記事をご覧ください

『グリーン・インフェルノ』 11月28日公開

<ストーリー>
環境保護を訴える活動をしている学生グループたちはアマゾンの森林伐採の不正を暴くために現地を訪れる。しかし、彼らの過激な活動は問題視され、強制送還されてしまう。不運にも帰路についた飛行機にエンジントラブルが発生。あえなく彼らの乗った飛行機は、熱帯雨林に墜落してしまう。生き残った学生たちは助けを求めるのだが、そこにいたのは人間を食べる習慣をもつ食人族だった…。捕らわれた彼らは一人、また一人と喰われていく―。

上映館:新宿武蔵野館ほか全国
この映画の記事:【現地民熱演】ごはんの時間だよ! 食人族の“人間”お料理動画を独占解禁 映画『グリーン・インフェルノ
リンク:映画公式サイト

『サクラメント 死の楽園』 11月28日公開

<ストーリー>
ある日、連絡が途絶えていた妹から奇妙な手紙を受け取ったパトリック。彼は過激な取材スタイルのVICE社のサムとともに、とある共同体へと潜入取材を敢行する。「エデン教区」と名付けられたその場所は皆幸せそうに暮らしており、妹も無事だった。彼女は、ここで豊かな生活ができるのは“ファーザー”のおかげだと話す。しかし、平和に見える<地上の楽園>だったが、不可解な空気が見え隠れし始める。彼らは取材を装い、妹を救い出そうとするのだが…。

上映館:角川シネマ新宿レイトショーほか
この映画の記事:【独占映像】なぜこのカルト教団は作られたか――集団自殺を招いた教祖が語る! 『サクラメント 死の楽園』
リンク:映画公式サイト

『フリーキッチン』 11月28日公開

<ストーリー>
日常的に人間をつかまえ「料理」する母親と幼い頃からその肉を母親から食べさせられ肉を食べただけで性別等が分かるようになってしまった内気な高校生ミツオの生活、そして ミツオのガールフレンドのカナとの純愛をカニバリズムというニンゲン最大のタブーをベースに描かれたブラックな原作をホラーともコメディともいえないタッチで淡々と描く。

上映館:渋谷ユーロスペース 2週間限定レイトショー
この映画の記事:“食人ママ”から親離れせよ! 漫画家・福満しげゆき衝撃のデビュー作を実写化『フリーキッチン』
リンク:映画公式サイト

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP