体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ユナイト、3日間4公演に及んだリーダー椎名未緒のバースデ-ライヴが大盛況

ユナイトが上手ギターでありリーダーである椎名未緒のバースデーにあわせて、目黒鹿鳴館にて11月21日から23日の3日間で4公演を開催! また、いずれの日もユナイトから嬉しい発表があった。

「男の花園」@目黒鹿鳴館 (okmusic UP's)

初日はユナイト史上初となる男性限定ライヴ「男の花園」と、キーボードにNAOKIを招きいれ「ユナイト with NAOKI」として、ゆったりとしたアコースティックライヴ「癒夜」(「ユナイト」と読む。)の2公演。

「男の花園」では、男限定ライヴならではの熱いライヴが繰り広げられた。客席が男性のみということで、普段できないことをやりたいというメンバーの希望から、観客がステージに上り生演奏&デュエットを行うなど、大盛況で幕を閉じた。2公演目となる「癒夜」ではバンドサウンドとは違ううっとりとするような演奏にアーティストとしての幅の広さがうかがえるライヴだった。そして、MCではユナイトのLINEスタンプが発売されることが発表された。

2日目は「パンチ選手権」と銘打って、普段以上に激しいセットリストでパンチのある「ユナイト(強)」を演じきった。ここでいう「パンチ」はライヴ中に殴り合うということではなく、わかりやすく言えば全身から湧き出るやる気のことだ。しっかりと安全性も考え、Tシャツとクロックス、貴金属は禁止というドレスコードが設定されてあった。加えて「パンチコード」としてパンチを見せる同意書も用意されており、極めてユニークな試みに対しライヴ自体は過去一番とも言える荒々しさがあり、会場の熱気は1曲目から最高潮に達していた。そして、その日の発表は1月に誕生日を迎える莎奈と2月に誕生日を迎えるLiNのバースデーライヴが開催されるというものだった。莎奈バースデーは本人の誕生日当日となる1月31日に、渋谷TUTAYA O-Crestにて二部制で開催。LiNバースデーは2月14日と2月15日の2日間、渋谷RUIDO K2で行われる。また2月14日はLiNバンドとして自身でセッションメンバーを集めてライヴを行う。

最終日に行われた「祭典:パープルレシオ」は、3日間の椎名未緒のバースデーライヴを締めくくるべく椎名未緒以外のメンバーがそれぞれ椎名未緒メイクで登場した。ステージにはまるで椎名未緒が5人いるかのような状態で進行され3日間の中で最もユナイトらしいライヴとなった。また、ライヴ中にサプライズで11月24日が誕生日の椎名未緒にバースデーケーキが贈られ、ライヴ終了後に椎名未緒から感謝の気持ちと発表が告げられた。発表はユナイトのオフィシャルHPをチェックしてほしいという内容だ。

ユナイトのオフィシャルサイトには、結成5周年に向け行われている企画「Road to 5th Anniversary」について告知動画が流れている。新たに発表されたものは、第5弾企画が「2016年3月26日東京」というものだ。まだ詳細は明らかにされておらず動画の最後には「続報を待て!!!」の文字が記されている。

【セットリスト】
■11月21日 昼の部「男の花園」
01. Eniver
02. AIVIE
03. BadRequest
04. ディストリー
05. マイ アイ ロニ カル
06. universe【ユナイトfeat.お客さん】
07. ice
08. small world order
09. world wide wish
10. アイ -‘ation-

■11月21日 夜の部「癒夜」
01. life time relation
02. epilogue
03. 美空結び
04. snow slow
05. flower of reunion
06. cinema verite
07. THEATER -LA-
08. scenes
09. 君は知らない
10. ハートレス クラシックメモリー
11. 約束
12. Kud’

■11月22日「パンチ選手権」
01. world wide wish
02. Cocky-discuS
03. 失望エミュレイター
04. マイ アイ ロニ カル
05. —キリトリセン—
06. Love_Duck_Core_Nothing
07. 失踪イン マイ ルーム
08. walpurgis
09. アポカリプティックサウンド
10. FCW
11. 粛清とチョコレート
12. ice
13. 鳥籠好餌責務 -TORIKAGO like obligation-
14. レヴ
15. HELIOS
16. 絶望クリエイター

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。