ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2015年上半期の国内スマートフォン出荷台数は出荷は1,305万台、前年同期よりも14.1%増加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

IDC Japan が 11 月 26 日に発表した「国内モバイル / クライアントコンピューティング市場の稼働台数」に関する調査結果の中で、2015 年上半期(1 ~ 6 月)のスマーtフォン及びタブレットの出荷台数が公表されました。同社の調査結果によると、2015 年上半期のスマートフォン出荷は 1,305 万台で、前年同期よりも 14.1% 増加し、タブレットは 399 万台で、前年同期からわずか 0.6% ですが増加しました。同社の調査結果で興味深いのは、従来型フィーチャーフォン向けのチップセットの生産が 2017 年頃には終了している可能性があり、Android を搭載した新しいフィーチャーフォンへの需要が高まるという予測です。国内でフィーチャーフォンの需要は依然として高く、このジャンルの製品には現状 Android しか対応できません。こういた変化により、長らく国内のスマートフォン市場は iPhone がシェアトップを維持してきましたが、フィーチャーフォンの取り込みにより、Android 全体のシェアは今後徐々に拡大していくものと予想されます。Source : IDC Japan

■関連記事
米国のAmazonで「ZenWatch 2 ローズゴールド」が値下げ中
曲名検索アプリ「TrackID」が4.3.B.2.2にアップデート、デザインが一部刷新
グリーンハウス、イヤホンなどのケーブル類を自動的に巻き取るケーブルホルダー「GH-CH」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP