ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

絶好調『あさが来た』 プロデューサーが教える4つの見どころ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ついに視聴率25%超えを記録するなど絶好調のNHK連続テレビ小説『あさが来た』。そこで、エグゼクティブ・プロデューサーの佐野元彦さんに、見どころを教えてもらった。

【1.玉木宏の「つかませない」演技】
 玉木宏さん(35才)演じるあさの夫・新次郎は、難しい役なんです。「アホぼん」だけに見えてはいけないし、「能ある鷹は爪を隠す」みたいな人に見えてもいけない。傘を華麗に開いたり、とぼけた表情をしたり…。視聴者にどういう人かつかませないように見事に演じられています。正吉役の近藤正臣さん(73才)が「玉木さんはうまい。よう研究している」と絶賛していました。

【2.宮崎あおいの手の先、足の先】
 あさの姉・はつ役の宮崎あおいさん(29才)は、手の先から足の先までに気持ちが行きわたっている芝居をされます。例えば、第29回で、はつが畑であさと再会したときは、足の指にぐっと力を入れて緊張感を表現しています。「彼女のような人が50人いればハリウッドに勝てる」と周囲によく言っています。

【3.キャスティングにこだわった三大名家】
 一般的に朝ドラは、ヒロインの実家と嫁ぎ先の2つしか家庭を出しません。だけど、今回は、あさの実家・今井家、あさの嫁ぎ先・白岡家(加野屋)、あさの姉・はつの嫁ぎ先・眉山家(山王寺屋)と3つの家庭を出しました。

 視聴者が混乱しないように、それぞれの家のカラーを体現できる俳優さんをキャスティングさせていただきました。

 今井家は、明治以降、新政府のお抱えになるなど、物事をしっかり見据える家ですから、升毅さん(59才)に。白岡家は、大阪のやわらかさがあるから、近藤正臣さんに。眉山家は、日本でいちばん最初に為替を作ったという誇りがあるから、萬田久子さん(57才)に。皆さんの演技で、見事に家のすみ分けができたと思います。

【4.あさの人生を変える豪華ゲスト】
『あさが来た』には1話限りの豪華ゲストが出演する回があります。それは、2種類の人物が出てくるときにお願いしています。

 まず1つ目は、歴史上の有名な人物です。幕末、明治、大正というダイナミックに時代が流れていくのを初めて朝ドラで描くので、その時々に「この時代を通過中」という大きな標識になるような人を出していったら楽しいと思ったんですね。

 例えば、新選組の土方歳三が出ることで「ああ、新選組が京都で活躍していた時代なんだ」とか。「今、この時代をあさが通過中ね」と視聴者に知ってほしかった。

 土方は、大河ドラマ『新選組!』でも土方を演じた山本耕史さん(39才)にお願いしました。平成の土方は耕史さんがいちばんハマり役だと思うし、あの時、大河を見ていた人にも楽しんでほしいという思いがありました。

 これから福澤諭吉役で武田鉄矢さん(66才)が出演します。一万円札を見ていたら、顔が違うと思うでしょうけど、武田さんの演技を見ていたら、「福澤諭吉はこういう人だったんだろうな」と思わされるはずです。

 2つ目は、あさに炭坑を売った櫛田そえ(木村佳乃・39才)や豪商・玉利友信(笑福亭鶴瓶・63才)など、あさの人生のターニングポイントになった人です。あさの人生に影響を与える人たちですから、これもステキなゲストのかたにお願いしています。今後も楽しみにしていてください。

 ──ちなみに、2014年前期の朝ドラ『花子とアン』のモデル・村岡花子は、広岡浅子(あさのモデル)に影響を受けた人物として知られている。花子を演じた吉高由里子(27才)の出演が期待されているが…。

 それはないと思います(笑い)。

※女性セブン2015年12月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
朝ドラ新ヒロイン波瑠 純白の衣装で伏し目がちな美しい笑顔
宮崎あおい 朝ドラ新ヒロイン・波瑠にお手製のハンカチ贈る
小林よしのり氏「『あさが来た』は絶対に妾を描くべきだ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP