体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

壁に穴あけちゃった!「火災保険」でカバーできる?

壁に穴あけちゃった!「火災保険」でカバーできる?

「火災保険」。そのカバー範囲は名前から想像できぬほど広い。前回、台風被害でも火災保険が適用されることを紹介したが、壁にうっかり穴を開けてしまった場合も対象かもしれない、ってご存じでしたか? わが家の壁も最近子どもが穴を開けてしまったばかり……。真偽のほどを確かめに、大手損害保険のMさんに火災保険についていろいろ教えていただいた。
壁に穴があいちゃったんですけど…、ズバリ補償されますか?

――かなり初歩的な質問ですみません! 壁に穴をあけてしまった場合も、火災保険で補償されると聞いたのですが、本当ですか?

はい、タイプにもよりますが対象の範囲内です。「火災保険」という名前からは想像しづらいかもしれませんが、火災保険は火災以外にも、「風災」「水災」「盗難・水漏れ等」「破損等」を補償範囲としています。壁の穴は「破損等」に入りますので、そこまでを補償するタイプに加入している場合は、対象の範囲となります。加入している保険商品によってタイプはそれぞれあると思うので、補償内容を確認していただきますようお願いします。

――タイプにもよるけれど、「火災保険」が「壁の穴」まで補償するというのは本当なんですね。補償されるかどうかを決める条件などはありますか?

簡単に申し上げると、「故意」ではない「事故」であることがポイントになります。

【画像1】5つのリスクに対してどこまで補償するか選べる。破損等リスクには「うっかり」が2カ所にわたって表記されている(出典:東京海上日動火災保険「住まいの保険」パンフレットより抜粋)

【画像1】5つのリスクに対してどこまで補償するか選べる。破損等リスクには「うっかり」が2カ所にわたって表記されている(出典:東京海上日動火災保険「住まいの保険」パンフレットより抜粋)

【図1】保険料はマンションか一戸建てか、一戸建てでも耐火構造かで大きく異なる。また、破損等を含むかどうか、建物のみ、家財のみなどでも異なる(東京海上日動火災保険「住まいの保険」HPを参考にSUUMOジャーナル編集部で作成)

【図1】保険料はマンションか一戸建てか、一戸建てでも耐火構造かで大きく異なる。また、破損等を含むかどうか、建物のみ、家財のみなどでも異なる(東京海上日動火災保険「住まいの保険」HPを参考にSUUMOジャーナル編集部で作成)

――わが家は賃貸なのですが、まさに先日子どもがうっかり壁に穴を開けてしまいまして……。賃貸の場合だと持ち家と何か違う点がありますか?

はい、少し違いがあります。保険に入る場合、「建物」補償と「家財」補償があり、対象を建物のみ、家財のみ、両方にするかはお客様に選んでいただいていますが、建物は大家さんが所有者であり、建物と家財で所有者が異なりますから、賃貸の方が入る保険は基本的に家財のみが一般的です。

壁は「建物」になりますので、大家さんが入っている火災保険で手当てをするか、または、入居者が入る火災保険で一般的にセットされている「借家人賠償責任リスク」を補償するような保険や特約で、補償することになります。

部屋を借りた人は、元の状態に戻して返さないといけない、という原状回復義務があるので、壁の穴もそうですし、建物部分を損傷してしまった場合に備えて、この借家人賠償責任補償の保険にご加入されることをお勧めしています。まずは大家さんまたは不動産会社に相談してみるのがいいでしょう。どうして「火災保険」という名前なの?

――ちなみに、「火災保険」なのに、風災や水災などさまざまなリスクに備える保険だということは分かったのですが、そもそもそれなら、「火災保険」という名前じゃない方がいい気がするのですが……

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy