体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

100均の専用のりで簡単アレンジ! 紙ナプキンを使って『デコパージュ』ハンドメイドに挑戦

1ab7c9f73e3c07215ac383b7a51a581e

忘年会シーズンは出費がかさみがち。気づけばお出かけするほどバイト代に余裕がなかった……。そんな時には、お家でのんびり楽しめるハンドメイドはいかが? 冬は寒さでひきこもりな筆者が100円均一ショップでみつけた『デコパージュ(※)』専用のりを使って雑貨作りにトライ。
※『デコパージュ』ってなあに?

『デコパージュ』と呼ばれる手芸技法は、もともとは中世ヨーロッパで家具に貼り付ける塗装技術だったよう。最近は100円均一ショップで手軽に手に入る専用のりが発売されているので、おしゃれな柄の紙ナプキンを使えば、簡単にカワイイ雑貨にアレンジできちゃえます。今回、『iphoneケース』『絵本ノート』『エコバッグ』のアレンジに挑戦してみました。

基本の用意するもの

・デコパージュ専用液(オールマイティ)
・デコパージュ専用液(布製品用)
・デコパージュ専用液(トップコート)
・筆や刷毛(ナイロン素材が使いやすいです。小さな筆の場合、タッチが残ってより手作り感の風合いが楽しめます。大きな刷毛を使った場合、面積を広く塗ることができます。お好みで)
・紙ナプキン(いろんな柄が売っています。マリメッコ柄がオススメ)

iphoneケースを『デコパージュ』してみた

4bd12803d7a918e811e954bda75be9c1

使ったもの:iphoneケース(白)、紙ナプキン、デコパージュ専用液(オールマイティ)、デコパージュ専用液(トップコート)、筆、はさみ、カッター

まず、100円均一ショップで購入したiphoneケースを『デコパージュ』を使ってアレンジしてみます。iphoneケースは、薄い紙ナプキンを張り付けるので、下の柄や色がデザインに響かない、白色無地のものがおすすめ。

●作り方

8910c942beaceef0e39d04247b21ca97

【STEP1】紙ナプキンをiphoneケースのサイズに合わせてカットしておきます。少し大きめにカット。

8640acc554d09658d9587186ba41cb4d

【STEP2】紙ナプキンは3枚重ねになっているので、丁寧にはがし、一番上の柄の部分のみ使用します。

8e2d8ca02a19ce4b7c4e52a5b0427aae 16403eabf97ea64f0be9b9f4352f02d01

【STEP3】下塗り。デコパージュ専用液(オールマイティ)を、iPhoneケースにまんべんなく薄く塗ります。

1 2 3次のページ
タウンワークマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy