体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジョブズはやっていた。シリコンバレーで流行の『マインドフルネス瞑想』──オフィスヨガ【1】

デスクで10分瞑想。エンジニアのためのかんたんオフィスヨガ。

忙しいエンジニアのために、短時間でも生産性やクリエイティビティを向上させてくれるオフィスヨガを教えてくれるのは、ゆかり先生こと、品川ゆかりさん。

「これから、もうひと踏ん張りするために、あえて何も考えない時間を作ることで集中力をアップさせていきましょう!」

ゆかり先生

ゆかり先生
品川ゆかり。LINEでディレクター経験あり。現在はヨガインストラクター。ゆかり先生といっしょにヨガ道に入っていきましょう。
「瞑想が脳に与える影響は、科学的にもエビデンスがあります」(ゆかり先生)

マインドフルネス瞑想とは?

自律神経のバランスを調整して、集中力をアップし、ストレスに強くなるための『マインドフルネス瞑想』を実践します。マインドフルネスは、たくさんある瞑想方法の一つで、シリコンバレーのFacebookやGoogleではすでに実施しています。
チームで行えば、チームの生産性、クリエイティビティが上がると注目されています。

瞑想をすると、脳の形が変化してストレスに強くなるという科学的な実証もされています。
ぜひ、ゆかり先生とともに、トライしてみましょう。

マインドフルネス瞑想の方法はシンプル

1. 呼吸を整え、腹式呼吸する

まずは呼吸を整えます。しっかり腹式呼吸をしていきましょう。

瞑想の目的は、自律神経を整えること。胃や腸、心臓が休みなく動いているのは、自律神経が機能しているからです。自律神経には、交感神経と副交感神があります。交感神経は活動時に、副交感神経は休息やリラックス状態で優位になり、両者のバランスを保つことが重要です。

自律神経をコントロールする方法が、複式呼吸です。普段のオフィスでは、仕事中は、交感神経が優位になりがち。ストレッチや深い腹式呼吸をすることで副交感神経を活性化させ、自律神経のバランスを整えていきましょう。

▲鼻で息を吸いながらお腹をふくらませ、吐く息でお腹をへこませます。腹式呼吸をすると、肺の下にある横隔膜が上下に動きます。横隔膜の直下に自律神経が集まっているとされています。

腹式呼吸で、吐く息を意識的にゆっくりにすると、自律神経が刺激され、副交感神経が優位になり、リラックしていきます。

2.心を整え、ここから瞑想

★呼吸を観察する

心を整え、ここから瞑想していきます。吸う息を観察する・吸う息から吐く息に変わる瞬間も観察します。吐く息を観察する・吐ききった時の状態も観察していきます。

3. 「いま」をイメージする

全身に酸素を送るイメージ・呼吸と一体になるイメージです。途中で何か思いついても追いかけず、思い付いた思考を流していき、呼吸に集中していきましょう。その上で、過去でも未来でもない「いま」を捉えるイメージしていきましょう。

★コツ

身体を締め付けない洋服のときに行う
目に入る場所の片付けをしておくと集中しやすい
スマホタイマーを利用して時間を計って瞑想する
他人に邪魔されないように、『瞑想中です』のシールなどが有効

4. 瞑想を終える

静かに意識を外側に向けていき、普段の呼吸に戻していきます。

1 2 3 4次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy