ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気レスラー・飯伏幸太がスクリーンデビュー! 映画『クロスロード』で夢追う若者に

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


EXILEの黒木啓司が初主演を務め、青年海外協力隊を題材とした青春グラフィティ『クロスロード』が11月28日より公開。本作にて、女性人気No.1レスラーとの呼び声も高い飯伏幸太さんがスクリーンデビューを果たしています!

本作はそれぞれの想いを抱えて海外へと飛び立つ若者たちが、ボランティアを通じて互いの価値観や考えを本音でぶつけ合いながら成長していく姿を描いた感動作。黒木演じる主人公・沢田と常に衝突しあう羽村隊員役には渡辺大を迎え、2人の同期である野村隊員役をカリスマモデルのTAOが好演。そんなフレッシュで魅力的なキャストたちの中で、少し意外な人物が出演しています。

その人物こそ、今を時めくプロレスラー・飯伏幸太。バラエティ番組にも度々出演しており、格闘技ファンならずとも彼の姿を目にする機会は多いですよね。イケメンかつ均整の取れた肉体美で女性たちを虜にし、眞鍋かをりさんや犬山紙子さんなど、飯伏ファンを公言している女性有名人も。

2004年にデビューした飯伏さんは、小中学生時代にプロレスごっこであらゆる空中殺法をマスターし、その後キックボクシングを習得、新空手の大会で優勝するほどのずば抜けた身体能力を武器とする。現在は業界初のDDT&新日本2団体所属レスラーとして規格外の活躍を見せています。

溢れ出るプロレス愛は留まるところを知らず、人形とのプロレスをメイン興行として成り立たせたり、遊園地やキャンプ場、コンビニ等の路上プロレスを敢行したりと、従来のプロレスのハードルや垣根を取り払った活動により昨今のプロレスブームを牽引する存在です。

そんな飯伏が本作で演じるのは、青年海外協力隊入りを目指す候補生の青年。黒木や渡辺ら同期と共に、訓練所でトレーニングを積む姿は、リングで大暴れする飯伏とは違い、何とも繊細でチャーミング。

世界で活躍する協力隊、と聞くと縁遠く感じてしまうが、誰もがみな候補生としての長い訓練期間を経て隊員としての自覚を育て、研鑽を積んでいくさまが描かれている。協力隊のOBたちによって製作されたからこそ表現できた、“理想でもきれいごとでもない”今のリアルな青年海外協力隊の姿に、きっと心を動かされるはず。プロレスファンもご注目を。


『クロスロード』ストーリー

カメラマン助手になったものの、目標の見えない日々を過ごしていた沢田(黒木啓司)は、自分を変えようと青年海外協力隊に飛び込む。だが、訓練所でもボランティア精神を地で行く羽村(渡辺大)と対立したり、規則を破ったりと、何かと問題を起こしてしまう。 彼らの仲を取り持つ助産師隊員の志穂と共に、フィリピンに派遣される二人。ある日、野心的な写真を撮ろうとバギオを訪れた沢田は、少年ノエルと姉のアンジェラと出会い、この国の現状に胸を痛めるが、無力感のうちに帰国する。それから8年、協力隊での体験は二人をどう変えたのか?震災後の東北での久しぶりの再会に思わぬ答えが待っていた……。

http://crossroads.toeiad.co.jp/

(C)2015「クロスロード」製作委員会

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP