ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リュブリャナで悟った世界中の女性に共通するもの

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スロベニアの首都リュブリャナは、ロマンティックな街だ。 街の中心を流れるリュブリャニツァ川。 川沿いにはオープンカフェが並び、ドレスアップした紳士淑女で賑わっている。

その川にかかる三本橋。ふとそこに、上品な、しかしどこか哀愁漂う憂い顔の淑女がやって来た。

仕事帰りだろうか。5分、いや10分くらいぼーっと川を眺め帰って行った。淡い灯りがちろちろと輝く漆黒の闇のような水面に、幻想を写し出していたのか。

仕事のこと、恋愛のこと、人生のこと…世界のどの国で暮らしていても、国籍や人種がどうであっても、女性たちは同じ悩みを抱え生きているのかもしれない。

一人の女の寂しそうな背中から、そう悟った。

彼女を遠くから見送った後、リュブリャナで出会った他の女性が、「好きでこの仕事をしているわけではない。これしかないから」と言っていたのを、ふと思い出した。スロベニアは職が十分にないという。

そんな彼女たちが物思いにふける橋の上。水辺はいつだって、悩める人々の心の拠り所なのだ。

文・写真:KANA(世界を飛び回るトラベルフォトジャーナリスト。人々の暮らしや世界観を写真と文で表現。多数のメディアで旅の連載を持ち、ガイドブックも手掛ける。)

この旅の関連旅行記

*KANA「【スロベニア女子旅旅行記 2015夏】グルメ・リゾート・絶景・野外イベント!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP