ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年内にも出産シーンが登場? 『あさが来た』禁断のネタバレ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 連日高視聴率を記録する大人気のNHK連続テレビ小説『あさが来た』。気になる今後の展開を禁断のネタバレ含みで紹介しちゃいます。

 仕事に熱中する主人公・あさ(波瑠・24才)を見かねて、義母・よの(風吹ジュン・63才)は、あさの夫・新次郎(玉木宏・35才)に妾をつくらせようと画策。一度狙いをつけた三味線のお師匠さんとは失敗に終わったものの次に目をつけたのは、あさが実家から連れてきた女中のふゆ(清原果耶・13才)。ふゆはいけないこととわかりながらも新次郎への淡い恋心を隠すことができない。

 史実では、ふゆのモデルになっている女中の小藤が妾になり、新次郎のモデル・信五郎との間に男1人、女3人の4人の子供をもうけている。

 さらにあさは自ら積極的に小藤を迎え、実子を含む5人の子供たちと共に仲よく食卓を囲んでいたというが…。

「あさのキャラクターとしては劇中でもありそうな話ですが、どうも新次郎ファンは許してくれなさそうです。それにふゆ役の清原果耶ちゃんは、今回がドラマデビューのまだ13才。初々しさが大人気で、妾→出産はさすがに…(苦笑)。史実でもあさは娘を1人産んでいるので、ドラマでも出産シーンはその時だけになると思います」(番組関係者)

 年内にはあさの出産場面に“立ち会える”という。

「諦めていた子供が生まれるということで、新次郎が見せる泣き笑いは、とても感動的なシーンに仕上がっているようです」(制作関係者)

 友近(42才)演じるあさ付きの女中・うめとふゆには、すぐそこに新しい恋の展開が待っている。新次郎に叶わぬ恋をするふゆを見守っているのが、加野屋の中番頭・亀助(三宅弘城・47才)だ。

「亀助はなかなか積極的になれません。しかも、ふゆが新次郎に寄せる思いに気づいてしまい、深く悩んでしまう。そんな亀助を後押しするのが新次郎なんです。『自分の気持ちをふゆに伝えないと後悔する』と亀助を励まし、あさもふたりの恋を応援しようとします。でも、この恋の行方は年が明けてからになりそうです」(前出・制作関係者)

 一方、うめと大番頭・雁助(山内圭哉・44才)も、何やらよさげな雰囲気。

「ふゆは亀助の気持ちにまったく気づかないまま、うめと雁助をなんとかしようと思いを巡らします。純情で、なんともじれったい展開ですが、それも朝ドラならではと思って楽しんでください」(前出・番組関係者)

※女性セブン2015年12月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
小林よしのり氏「『あさが来た』は絶対に妾を描くべきだ」
朝ドラ新ヒロイン波瑠 純白の衣装で伏し目がちな美しい笑顔
『あさが来た』好調の玉木宏 女子大に人気も過激トーク封印

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP