ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北の湖氏 急死2日前の取材時に語っていた体調と自身の進退

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 土俵上では「憎らしいほど強い」といわれ、引退後も日本相撲協会理事長として君臨。角界に圧倒的な存在感を示し続けた「昭和の大横綱」は、11月20日、直腸がんによる多臓器不全で急逝した(享年62)。土俵に殉じた北の湖敏満氏は、最期まで角界の行く末を案じ続けていた。

 思えばこの数年は体調不安との闘いだった。2012年に理事長として再登板した直後の2月に直腸がんの手術を受けたのを皮切りに入退院を繰り返し、昨年の1月からは本場所も何度も休場。理事長が行なうべき千秋楽の協会挨拶と表彰式での天皇賜杯の授与は、3場所連続で事業部長の八角親方(元横綱・北勝海)が代行していた。

 今九州場所では、北の湖氏は初日から毎日出勤していた。会場へは理事長専用車で訪れ、駐車場にとめた車の中で少し横になった後、中入り後は理事長室に移動、大関戦以降は報道陣と観戦していた。10日目の白鵬―栃煌山戦の後では、「横綱としてやるべきことではない」と白鵬の“猫だまし”を批判し、昭和の大横綱らしい威厳を示していた。

 だがこの発言の前後あたりから、体調は悪化の一途を辿っていたようだ。本誌は11日目(11月18日)に、北の湖氏を直撃取材していた。北の湖氏はこの日、中入り後をすぎても車から出て来なかった。訪問客も理事長の車に乗り込んで話をする状態。本誌は車の窓越しに、シートに深く座った北の湖氏の話を聞いた。

「腰が悪くってさ。こうやってシートに挟まれている体勢が楽なんだよ」

 そういって刺身を食べ、コーンスープを口にする。かなり痩せたように見えた。

──腰を痛めた?

「そうなんだよ。(先場所の休場理由の)目のほうはもう大丈夫なんだけど、今度は腰が悪くてねェ。現役時代にヘルニアを患っていて、前から悪かったんだけど、ますますひどくなって、曲がらねえんだ。歩くのも大変なんだよ」

──治療はされている?

「手術(を受けたら)とかいわれてるんだけど、危ないからもうする気はないんだよね。マッサージや電気治療はやってるよ。鍼は怖いからイヤだ。昨日も治療に行ったんだけどね」

──内臓疾患が原因では。

「内臓は大丈夫だよ」

──千秋楽で挨拶のために土俵に上がるのは……。

「難しいね。無理だよ。土俵は高さがあるからな」

 そういって今場所の千秋楽の理事長挨拶も代行に頼むことを明かした。ならば病院で治療に専念すべきではないのか、無理を押して現場にこだわる理由は……。

──来場所以降は?

「わからないね。医者次第だよ。入院するようになるかもしれないね」

──来年の1月には理事選があり、理事長を続投するかが焦点になります。立候補する予定は。

「いや、まだわからない。皆で決めることだからね」

── 一門の中では?

「結論が出ていないというか、まだ話し合っていないんだよね」

 しかし自身の中では続投か、勇退か、考えはあるのではないか──進退について尋ねると、北の湖氏はこんな言葉を口にした。

「う~ん……それは今俺の口からはいえないんだよ。応援してくださっている方がたくさんいるからね。もちろん俺の考えはある。しかし、ここで俺が何かいっちゃうと、変なことになってしまう。わかってもらえるだろ? 俺は腰が悪いだけなんだから……」

 はっきりとは口にしなかったが、「俺は腰が悪いだけ」という言葉からは、少なくとも勇退の意思は感じられなかった。

「腰は(調子が)いい日もあるんだ。日によってまちまちだね」

──他に悪いところは。

「ないね。頭以外はね」

 冗談を飛ばして北の湖氏は笑った。まさかこれが北の湖氏との最後になってしまうとは思いもしなかった。

※週刊ポスト2015年12月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
相撲協会 「次期・貴乃花理事長体制」に向かって形勢固まる
相撲協会理事長選 裏切り防ぐため記名式投票にルール変更か
モンゴル国籍持つ白鵬の一代年寄取得 北の湖理事長の見解は

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP