ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

犬猫の健診 7才未満は年1回、7才以上なら半年に1回目安

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2014年の犬の平均寿命は14.17才、猫は14.82才(ペットフード協会調べ)。室内飼育の増加やペットフードの品質・医療技術の向上などにより、この30年で約2倍に延びている。

 また、外に出ない猫の平均寿命は、出る猫より2年5か月も長いという統計結果もある(ペットフード協会調べ)。室内飼育が主流になったことで、事故や感染症のリスクが減っているのだ。一方で、こんなリスクも。

「最近は運動不足・食べすぎで肥満気味の猫や犬が多いんです。太りすぎると、心臓や関節に負担をかけ、糖尿病などの原因に」(白金高輪動物病院・総院長の佐藤貴紀さん、以下「」内同)

 欧米の研究によると、肥満の犬は、標準体形の犬に比べ、寿命が約2年短くなるとされている。

「ペットフードのパッケージにある量はあくまで目安。その子の体重・体形に適した量をあげて。おやつはほとんど必要ありません。人間の食べ物も、犬・猫にとっては塩分が多いのであげないで」

 さらに、定期健診も必要だ。

「年をとると、治療や麻酔の負担が大きくなりますから、早期発見・早期治療は大事。猫も犬も7才未満なら1年に1回。7才以降は、半年に1回を目安に健診を」

 飼い主がいかにケアしてあげるかで猫や犬の寿命は変わるのだ。

※女性セブン2015年12月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ペット費用は「一生で200万円」 小型車1台と同等になる計算
沖縄の男性 米国型食生活たたり平均寿命が全国26位まで低下
ペットの高齢化も進行中 老犬ホームや終身介護施設が増える

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP