ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「The Wave」の抽選待ち中に訪れるべき5つの観光スポット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

多くの旅人が、アメリカを旅するなら必ず訪れたいと思うであろうThe Wave。

しかし、The Waveへの入場は1日たった20名の狭き門…時には抽選会場に100名を超える人が訪れるほどの人気です。けれど、The Waveだけは絶対に行きたい!!そんな風に思う方がたくさんいるのも事実ですよね。実際に僕も抽選には5回チャレンジしました。

 

じゃあ、抽選に外れた日はどこに観光にいけばいいの?ただ待っているだけ?いえ、The Waveの抽選が外れたとしても、The Waveの周りにはたくさんの観光地があるんです。

今回はThe Waveの抽選を待っている際に、行くべき観光地をご紹介させていただきたいと思います。

 

目の前に広がるど迫力の大自然「ザイオン国立公園」

ザイオン国立公園の魅力はなんといっても、ドライブ中の景色です。カーブを曲がる度に目の前に広がる大自然は、アメリカの自然の美しさを物語っているようです。

多くのトレッキングルートもあるザイオン国立公園は、ピクニックをする場所としても最適です。目の前に広がる大自然を見ながらのご飯は普段よりも美味しく感じること間違いなしですよ。

 

不思議な不思議な奇岩群「ブライスキャニオン国立公園」

グランドサークルの中でも少し異質なブライスキャニオン国立公園。その目玉は何本も立ち並ぶ土柱は、まさに異世界を感じるような景色です。

なんといってもオススメは、土柱の間をすり抜けていくトレッキングです。トレッキングといっても往復2時間程でできるものですので、時間があまりない方でも大丈夫。

 

夕日が沈む頃、太陽の光があたり黄金色に光るブライスキャニオンは本当に美しいですよ。

 

深海の世界を味わえる芸術的曲線美「アンテロープキャニオン」

自然って本当にすごい…そんな言葉がついついもれてしまうのがアンテロープキャニオンではないでしょうか。大地と水、そして風が作り上げた芸術作品はほれぼれしてしまうほどの美しさです。

 

水が削ったことによってできる模様は、人の手では再現ができないのではないかと思う程の芸術的な模様です。水のない深海をゆーっくりゆーっくりと歩きながらすすむツアーは本当に最高でした。

ぜひ、太陽が高い位置にある時間帯に訪れていただきたいです。光が差し込むアンテロープキャニオンは神秘的な世界を創り出してくれますよ。

 

自然が作り出した美しく偉大な橋「アーチーズ国立公園」

photo by daveynin

2,000を超える自然が作り出したアーチ状の不思議な岩があるのがアーチーズ国立公園です。他の国立公園とは違った独特の雰囲気があるアーチーズ国立公園の景色は、皆さんの目を丸くさせる事間違いなしでしょう。

 

たくさんの自然にできた橋は、まさに異世界を感じると共に、アメリカの大自然を実感せずにはいられないでしょう。

トレッキングコースもたくさんありますので、必ず水を持ってトレッキングにのぞんでくださいね!

 

行くなら今!いつかは入れなくなるかもしれない「ホワイトポケット」

僕はホワイトポケットを訪れて、本当にびっくりしました。The Waveのようなパイ生地のように折り重なる場所であったり、亀の背中に乗っているような錯覚に陥る岩場だったり…本当に驚きました。

 

The Waveは1日20名限定ですが、ホワイトポケットは人数無制限にもかかわらず、ほとんどの方が訪れた事がありません。行くなら今です!!きっと、この先人気が出ると、The Wave同様抽選になってしまう事もあるんじゃないかと僕は思っています。

 

それだけ待つ価値のある「The Wave」

all photo by sho

The Waveを実際に訪れてみて僕は思いました。「これは、待った価値があったな…」本当にThe Waveの景色はものすごく美しく、今まで見てきた場所とはまったく異なっておりました。

 

1日たった20名の狭き門であり、抽選があたる確率もひどい時であれば10%以下になってしまいます。けれど、The Waveには是非皆さんにも行っていただきたいんです。

The Waveの周りにはたくさんの観光地があります。その全てがとても美しく、日本では見ることのできないような景色ばかりです。是非、可能な限りThe Waveの当選を待って、その間に様々な場所を訪れてみてくださいね!!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP