ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

難アイテム「丸サングラス」は、帽子で今風に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

気にはなっているけど、なかなか踏み出せないアイテムの一つでもある「丸サングラス」
かわいい子がかけてるとおしゃれなのに、一歩間違うと「ダサい」「おばあちゃんみたい」になってしまう難易度の高いアイテムなんですよね…..。
そんな悩みを即解決する簡単ワザとして、サングラスと一緒に帽子をコーディネートする方法があります。帽子と一緒なら、簡単に洗練された印象に。さらに選ぶ帽子次第で、雰囲気も自在に変えられるんです。

×ハットでレディに

A photo posted by 矢野未希子 (@mikko1104) on Oct 21, 2015 at 12:16am PDT

セットアップを着てみたはいいけれど、なんか物足りないな……。そんな日にも、丸サングラスのアクセントはお役立ち。ハットと合わせると、レディな雰囲気を演出できます。
ハットとサングラスのカラーは合わせることが鉄則です。

×ビーニーでカジュアルに

A photo posted by yukiko. (@o4yukky.22) on Nov 2, 2015 at 4:50am PST

全体をコンパクトにまとめる超簡単ワザが、ビーニーと丸サングラスの組み合わせ。髪の毛がコンパクトにまとまると、どんなスタイリングも洗練されて見えるから一度試してみる価値あり。
少しカジュアルすぎるかな……と思ったら、コーディネートをキレイめにするといいですよ。

×ベレーで個性派に

A photo posted by @murua_by_staff on Nov 17, 2015 at 1:37am PST

ハットやビーニーよりも人と違う雰囲気が出せるのがベレー帽。ベレーって一部の人にしか着こなそう……と思いきや、じつはかぶってみると違和感なく使える!と納得のいくアイテムなんです。
ただ、個性的なアイテムであることには間違いないので、コーディネートはあくまでもシンプルにまとめたいところ。
サングラスではなく、メガネでももちろん使えるのがこれらの帽子との合わせワザ。
そして、さらに洗練されて見せるポイントはヘアスタイル。おろしたままで帽子をかぶってしまうとなんだか野暮ったくみえてしまいがち。無造作に束ねて帽子をかぶるほうが高感度に見せられます。
top image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
恋人作りに必要な4つの「恋愛営業力」
「何と言われようと私は幸せよ」批判に負けないガボレイ・シディベの強さ
おねだりは卒業。クリスマスは「お互いが同じように楽しめる空間」作りを

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP