ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サラ・オレイン、AL『f』リリース記念ライブ開催、エド・はるみ「この世のものとは思えない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 サラ・オレインのニュー・アルバム『f』の発売記念ライブ&サイン会が、11月25日に東京・ゲートシティ大崎にて開催された。

 サラはステージに上がると「今日は来て下さって、ありがとうございます。寒いですよね」と語り、当日発売になったアルバム『f』については「fにはいろいろな意味がある。1/fという揺らぎの要素。ヴァイオリンの音が出るところもf、fease(力強さ)、feminine(女性らしさ)。いろんな自分を表現できたと思います」と説明した。

 1曲目に披露したのは「White Sacas」テーマ曲の「Angel」。「ぜひWhite Sacasでスケートして、この曲を聴いてみてください」と東京・赤坂に登場するスケートリンクを紹介。続いて、ドラマ『新・牡丹と薔薇』の主題歌、「涙のアリア」を披露し、「ドラマ自体はドロドロと聞いている。曲はピュアでせつない気持ちになります」と語った。3曲目の「Riverdance」に続き、「私がいちばん好きなクリスマスソング」と紹介した「オー・ホーリー・ナイト」は、アルバムでは世界最古の少年合唱団であるウィーン少年合唱団と共演した楽曲。「今年はいろいろな出会いがあり、ウィーン少年合唱団と共演しました。今日は呼べなかったのですが。私はfeminine(女性らしい)な恰好が大好きなんですけど、子供の頃はボーイソプラノが大好きで、レコーディングでは真似して歌ってみました」と語った。

 4曲を歌った後、ゲストのエド・はるみが登場。2016年4月から慶応義塾大学システムデザインマネジメント研究科に通うことが決まっているエド・はるみと、シドニー大学に入学し、東京大学に留学したサラは勉強トークで盛り上がった。エド・はるみは「”笑顔でひとをつなグー”勉強をします」のギャグも披露。初めてサラの生歌を聴き、「聴いていてうっとり、この世のものとは思えない。天はニ物どころか五物の六物も与えた。」と、絶賛した。

 アンコールでは「fease(力強さ)、そんな曲です」と紹介した「To Love You More」を歌い、ヴァイオリンを演奏。立ち見も出たイベント広場の観客から大きな拍手を受けた。サラ・オレインの「ミニライヴ&サイン会」は埼玉、兵庫、福岡、愛知でも開催される。また、コンサートは12月11日のTOKYO FM HALLを皮切りに、名古屋、大阪でも開催が予定されている。

◎公演概要【Sarah Alainn Concert Tour 2016】
2015年12月11日(金) TOKYO FM HALL
2015年12月24日(木)品川プリンスホテルClub eX Christmas Premium Night
2016年1月21日(木)  SPADE BOX(名古屋)
2016年1月23日(土) Billboard Live OSAKA
2016年1月28日(木)  赤坂BLITZ

◎イベント情報
【サラ・オレイン 3rd アルバム『f』発売記念ミニライブ&サイン会】
2015年11月25日(水) 東京:ゲートシティ大崎 B1 アトリウム START 18:30
2015年11月29日(日) 埼玉:イオンレイクタウンmori 1F 木の広場 START 14:00 / 16:00
2015年12月12日(土) 兵庫:阪急西宮ガーデンズ 4Fスカイガーデン・木の葉のステージ START 13:30 / 15:30
2015年12月13日(日) 福岡:大丸 福岡天神店エルガーラ・パサージュ広場 START 14:00 / 16:00
2015年12月25日(金) 愛知:イオンモール新瑞橋 1Fセントラルコート START 16:00 / 18:00

◎リリース情報
『f(エフ)』
サラ・オレイン
2015/11/25 RELEASE
<限定盤>[SHM-CD+豪華写真集]
UCCY- 9025 3,500円(tax out)
限定盤特典:高音質SHM-CD仕様/豪華48P写真集/スリーブケース付
<通常盤>[CDのみ]
UCCY-1059 2,800円(tax out)

関連記事リンク(外部サイト)

昼ドラ『新・牡丹と薔薇』主題歌にサラ・オレインが決定、愛憎劇を浄化する“癒しの歌声”
テイク・ザット 新曲4曲が追加された最新作『III』を配信リリース、追加曲MVで華麗なディスコ・ファッションを披露!?
玉置浩二×オーケストラ  香港の輝きの中に降り注ぐ祝祭の響き

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。