ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オバマ大統領がバーブラ・ストライサンド、グロリア・エステファンらに勲章授与

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 “大統領自由勲章”の授与式が11月24日に行われ、オバマ大統領がバーブラ・ストライサンド、ジェームス・テイラー、グロリア・エステファン&エミリオ・エステファン夫妻などに対し、音楽やファン、そして世界にもたらした感動と情熱に敬意を表した。先日のパリ同時多発テロのこともあり、大統領にとっては伝説のアーティストたちを表彰することで、音楽が生活にもたらす美や創造性を評価するのに絶好の時だった。

 政治専門ケーブルチャンネル、C-SPANでワシントンから生中継された同イベントにて、オバマ大統領はアメリカの文民に贈られる最高位の勲章“大統領自由勲章(Presidential Medal of Freedom)”を17人に授与した。

 オープニングスピーチにて「私生活でのストライサンドは、心臓病や女性の平等などの問題を熱心に訴えてきました」と話す大統領は、「そのことを考えるだけでverklempt(胸がいっぱい)になります」と、ストライサンドをパロディ化してきた人気バラエティ番組『サタデー・ナイト・ライブ』内の寸劇“コーヒートーク”を引き合いに、イディッシュ語でのジョークを披露した。

 一方、テイラーの紹介は歌詞をもじったダジャレに溢れた。一晩のうちに2回、テイラーの代表曲である「ファイア・アンド・レイン」のジョークが聞かれ、そのひとつは公式の表彰状にも使われた。大統領はテイラーについて、「彼はいつもあなただけに歌いかけているように感じられるでしょう。彼がシンガーソングライター・ムーブメントの立役者になったのはそれが理由です」と話した。

 また、エステファン夫妻の愛の物語を掘り下げた大統領は、2人の豊かな歴史と長年にわたる文化的影響について、「彼らがラテン系にしてはアメリカ的過ぎるとか、アメリカ人にしてはラテン的過ぎると心配する声がありましたが、結局のところは誰もがダンスをしたりコンガをしたかっただけなのです」と説明した。

 なお、他にもヴァイオリニストのイツァーク・パールマンやミュージカル/劇場作曲家のスティーヴン・ソンドハイム、スティーヴン・スピルバーグ監督、バーバラ・ミカルスキー上院議員などが同勲章を受章した。

関連記事リンク(外部サイト)

【公式新記録】アデル、全米アルバム週間セールスの新記録を樹立
デヴィッド・ボウイ、新作『★(ブラックスター)』で目指すは“ロックを避ける”事!?
スクリレックス&ディプロ、“ジャック U”の新作を来年早々リリースへ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP