体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

100人部屋でも、だいじょ〜ぶ!私がドミトリーで爆睡できた快眠グッズ5選

世界を旅するバックパッカーのほとんどの人が利用する宿と言えば、ユースホステルやゲストハウス。

プライベートが確保された完全個部屋もありますが、東南アジア以外の地域では値段も高いので、ドミトリールームを使用する人がほとんどだと思います。

ドミトリーとなると、4人から、多いところで満室の場合は20人も集います。「うるさすぎて眠れない!」なんて言う境遇もしばしば…

そこで、実際に私が旅先で利用していた、質の良い睡眠を確保できる安眠グッズを紹介します。

 

耳栓&アイマスク

5790378242_266ca7c671_o

photo by i nao

ドミトリーでの安眠を妨げる原因のもあるのが「雑音」と「明かり」。

部屋が共有スペースに面していたり、グループで部屋を利用している場合、遅い時間まで大音量の音楽や賑やかな声が響きますし、部屋や外から入る灯で「眠れない!」なんて経験したことある人も多いのではないでしょうか。

そんな環境でも気にせず眠るために、雑音と明かりをシャットアウトしてくれるこの2つは欠かせません。

 

また、ドミトリーでの宿泊に限らず、空港やバス車中でも重宝するのでいつでも使用できるよう、このセットはサブバッグに入れて持ち歩くのが便利です。

 

大判スカーフ

scarves-91349_1920

photo by pixabay

スカーフと言えば、軽くてかさばらない上に冷房対策や宗教的に肌の露出を控えたい国での外出など、日中活動する際にも使い道が多くて重宝するグッズ。

ですが、睡眠する際にも良い仕事をするんです。

ドミトリーの部屋の広さや構造やベッドの並び方は様々ですが、横になった状態で寝返りをしたら、隣の人とバッチリ目が合ってしまう「こんにちは!状態」になってしまうようなことも…

 

また、ドミトリーでは女子専用の部屋もありますが、男女混合のみの場合も多く、女子としては気になるところ。

大判スカーフをシーツとして使用することもあるようですが、私のおススメは、カーテンのように吊り下げて、個室のような空間を作り出すことです。混合ドミトリーでも快適に眠れます。

 

エアー枕

pillow-689877_1920

photo by pixabay

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。