ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今すぐ診断!あなたの“ふんわりロングヘア”度をチェック!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パーマや動きのあるヘアスタイルを素敵にするには?

今回は動きのあるスタイルを叶える秘密をご紹介します♪
少しずつトレンドも変わってきましたね。
でも、ちょっと前の重めのヘアスタイルじゃ重たすぎるし…スカスカなのは嫌。
中村アンさんや井川遥さんや篠原涼子さんみたいな、ヘアスタイル全体にゆる~く大きな動きがある感じのヘアスタイルに憧れる。
そんなあなたにオススメしたいスタイルポイントです♪

 

チェックポイントで今すぐ診断!あなたは“ふんわりヘア度”は?

□ 毛量を減らすカットはあまりしない
レイヤー(段)やスキ(毛量をスキばさみなどで減らすこと)を拒否していませんか?
実は髪の毛は長短の差や、短い所から長い所など先細りの状態がないと動きにくくなってしまうんです。
たとえコテで巻いて動きをつけたとしても、すぐに伸びて元に戻りかねません。
パーマをする時も、毛先に対してカールをつけるのは比較的簡単だったり、実現可能なものも多く、レイヤー(段)は有効的なんです。
つまり、レイヤーやスキを拒否されると、パーマは特に動きのあるスタイルを創りにくいんです。
□ ヘアカラーは一色だけ
ヘアカラーを一色だけにしていませんか??
動きを見せるのにカラーも有効な手段です♪
大体皆さんはハイライトやグラデーションなどを思い浮かべると思いますが、そこまで極端ではなく、もっとナチュラルな物だったり、セクションカラー(特定のエリアのカラーリング)などでも動きが見えやすくなるんです♪
一色染めは綺麗ですが、その分ツルンとして動きが見えにくくなることも多いんです。
□ トリートメントをし過ぎている
実はついついやってしまいがちなのが、トリートメントでしっとりし過ぎることです。
新規指名で来て下さるお客様にも多いのですが、手触りやダメージのケアに気を遣い過ぎて、ペトペトした重たい質感の髪になってしまっていることが多いんです。
実は、動きのあるスタイルにはこれが大敵だったりするんです。
ある程度のまとまり感のあるしっとりな質感は良いのですが、追い求め過ぎて重くなり過ぎると動きが出ません。
適切なダメージケアを美容師さんと相談していくことをオススメします。
個人的にはしっかりと枝毛処理さえすれば、そこまでトリートメントは重たいものを選ばなくて大丈夫だと思います。
1つでも当てはまったら、あなたの“ふんわりヘア度”はゼロレベルかもしれません!

 

うまくいかないと思ったら、美容師さんに相談を!

写真は毛先が分かりやすいように、ラインを入れてみたものです。
毛先の1カールを1セクション(セクション:頭部を役割と特性で分けた単位のこと)ごとに重ねていけば大きな動きに見えますし、中間で無理に付けた動きより圧倒的に残りやすいです。
パーマでも、毛先で考えるとケアもしやすく、スタイルが作りやすいんです♪
いかがでしょう?
「なんだか上手くいかないな~。思った感じにならないなぁ~」と思っていて、上記3つの注意ポイントのどれかに当てはまってしまったそこのあなた。ぜひぜひ担当の美容師さんに相談してみてください♪
きっともっと素敵なヘアスタイルが楽しめるようになるはずです!
ではでは♪

松井愛士(release SEMBA)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP