体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自分に自信がない人に共通する8つの特徴

187254235034146

日本人は謙虚だからでしょうか、若者は自分に自信が持てていない人が多いようです。2015年の内閣府公表の調査結果を見ても「自分には長所がある」「自分に満足している」という意見が、諸外国に比べ非常に少ないようです。

自分に自信がないと、失敗を恐れるあまり余計に失敗することもあります。自分にある才能を十分に発揮するためにも「自分に自信がない人に共通する8つの特徴」を知っておきましょう。

1.他人の目を気にしすぎており、批判や非難に過敏反応している

20151125_no-confidence-ppl-chara_k01

客観的に他人と比べて能力が劣っている訳でないのに「失敗したら恥ずかしい」、「こんなことを言うと笑われる」と勝手に想像して自信を失う傾向にあります。つまり、他人からの評価を気にし過ぎているのです。

また、他人からの批判や非難に過敏に反応しては、怖がり過ぎているとも考えられます。他人はあなたが思うほど、あなたのことを意識してなんかいないと知るだけでも、ポジティブになれるはず。

2.自分の長所を過小評価し、短所にばかり目がいきがち

自分の長所がよく見えていなかったり、気づいていても自己評価を極端に低く見積もっている。自信のない人の“共通言語”がこれ。

自己評価が低いあまり、「自分は何をやってもダメ」だと精神的に萎縮してしまった時点で、人間の進歩は止まります。ダメと理解できているのなら、そこを改善する努力をしましょう。「自分は優秀」だなんて、過大評価して何もしない人よりかは、よっぽど優秀な人になれるはずだから。

3.自分の意見や考えを言えず、他人に流されやすい

20151125_no-confidence-ppl-chara_k03

自信のなさは、他人との会話に顕著に表れます。たとえば、誰かと違う見解を抱いていたとしても、自分を肯定できずに相手の言うことを最後は認めてしまったり、同調することも。でも、最初から意見を合わせる必要なんてありません。複数の意見があるから、最終的な判断がより良いものになるのだから。

それに、相手に同調しているばかりだと、人から意見を求められることすらなくなり、最後は全く相手にされなくなることも。相手の意見と異なる見解を抱いたときこそ、殻を破って発言するチャンス!自分自身の存在を高め、相手の見る目も変わってくるはず。きっと、自信がついてきますよ。

4.常にネガティブな表現の繰り返し

「大したことじゃないけど」「どうでもいいことだけど」「言わなくていいことかもしれないけど」…。こうしたネガティブな前置きを、ついつい口にしちゃうのが彼らの特徴。

明確な理由もなしに、否定的な発言を繰り返す人もいます。もちろん、どんな意見だって筋が通っていれば、正論だし、貴重な意見です。でも、意味もなく否定的な前置きから入る会話ほど、人々の印象を下げることはありません。

そんなときは、とにかく熱意を伝えるべき。そうすることで、信頼感は高まっていきますよ。

5.物事に対して完璧に考えすぎて時間を浪費

20151125_no-confidence-ppl-chara_k05
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。