ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パイオニアがバランス接続可能なハイレゾ対応ヘッドフォンを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

このたびオンキヨー&パイオニアイノベーションズ(株)が、パイオニア・ブランドからハイレゾ対応「SE-MHR5」のヘッドフォンを発表した。

発表された密閉型ダイナミック・ステレオ・ヘッドホン「SE-MHR5」は、広帯域7Hz~50kHzの再生に対応し、ハイレゾ特有の高周波数帯に対応している。

販売価格はオープンだが、報道によると市場予想価格は2万を切ると言われている。

携帯に便利な2通りの折り畳み方式を採用するなど、ハイレゾ対応のポータブル・アンプやポータブル・プレイヤーが人気を集めるなかで、高音質対応と手軽に持ち運べる携帯性を兼ね備えたヘッドホンに対するニーズを満たす、そんなモデルと言えるだろう。

ケーブルは独自のロック機構付着脱式の片出しコードを採用。また、バランス接続対応コード(2.5 mm 4 極プラグ)が付属。高音質ヘッドフォン〜イヤフォン・シーンにおいて話題になっているバランス接続にも同梱のケーブルで対応できる。バランス対応したプレーヤーまたはヘッドホンアンプに接続することで、LRのセパレーションに優れた高音質を楽しめる。

詳しい仕様などはメーカー・ホームページにて。
(河)

・パイオニア・ホームページ
http://pioneer-headphones.com/japanese

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP