ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウッチャン妻・有美夫人 カリスマママ化で名門お受験に成功

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 例年11月は、お受験組にとっての天王山。名門私立幼稚園と小学校の入試が連日行われ、悲喜こもごもの親子ドラマが待っている。

 今年は長谷川京子(37才)、千野志麻(38才)らが有名私立小学校をお受験。寺島しのぶ(42才)、市川海老蔵(37才)らは幼稚園受験組だった。そんななか、一足早く吉報が届いたのが、ウッチャンこと内村光良(51才)・徳永有美さん(40才)夫妻。

「長女(6才)が都内の名門私立小学校に合格したんです。第一志望校だったそうで、それはもう親子みんな嬉しそうでした。家族でお祝いしたそうです」(内村の知人)

 この合格は、妻の有美さんによるところが大きかった。内村と元テレビ朝日アナウンサーの有美さんが結婚したのは、2005年4月。以後、撮影で早朝に家を出る内村のため、有美さんは朝4時に起きて朝食とお弁当を用意し、家事をこなして献身的に夫を支えてきた。

 2009年に長女、2013年に長男が生まれてからは子供たちの習い事に力を入れ、6割がお受験を目指すという名門私立幼稚園に長女を入園させる。

「入園してすぐに小学校受験対策の塾や体操教室に通わせていました。もちろんその送り迎えは有美さんの仕事。女子アナ時代より忙しいんじゃないかっていうスケジュールでしたね。それでいて、ママ友たちとのランチ会もちゃんと出て、近所づきあいも完璧。まさに“カリスマ・ママ”って感じです。自宅にお友達を呼んでおもてなしをすることもあって、ママ友が遊びに行くと、たまに内村さんが家にいることもあるみたいです。パパがいても自由にお友達を呼べるなんて、すごくいい関係ですよね」(有美さんの知人)

 お受験では、その子の成績以上に、夫婦関係と親子関係が大きく影響するともいわれる。その点、内村家は満点だったに違いない。

※女性セブン2015年12月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
広末涼子 「でき婚」隠したのは長男のお受験のためと関係者
ウッチャン妻・徳永有美さん 目立つ艶やかな薄紅色の着物姿
清原和博氏の次男 長男に続いて超難関有名私立小学校に合格

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP