体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

未知との遭遇!世界で未確認生物・UMAに会えるかもしれないスポット9選

世界には、まだまだたくさんの私たちが知らない動物が居ます。その中には「UMA(未確認生物)」と呼ばれて半ばオカルト的に居るのではないかと思われている動物も居ますね。

 

今回は世界各国にあるUMA伝説と、UMAが見られるかもしれない場所を9か所ピックアップして紹介します。行ったからと言って必ずUMAが見られるわけではありませんが、実際に行ってみて未知との遭遇をすることになる可能性は否定できませんよ。

 

1.チュパカブラ(中南米)

7474561812_2dc0ea035b_b

Photo by Pablo Spekuljak

 メキシコをはじめ、国を問わず中南米で広く目撃されているのがチュパカブラです。家畜の全身の血を吸い取ってしまうという恐ろしいチュパカブラは、目撃例や被害例の多さでも他のUMAとは一線を画しています。

 

2.ネッシー(イギリス・ネス湖)

4980565623_e0e6675776_b

Photo by Nicholas Ortloff Photography (Is Back)

 UMAのパイオニアとして名高いネッシー。実はネッシーは実在しないことが証明されてしまっているUMAです。ネッシーの写真を撮った人物が死の直前に写真がトリック写真であることを明かしました。しかしUMAのパイオニアが生まれた湖として、今もなおネス湖には世界中から観光客が詰めかけています。

 

3.モスマン(アメリカ・ウェストバージニア)

6157131508_a4d77f504e_b

Photo by tribbles1971

蛾のような羽が生えた人間型のUMAモスマン。体長が2メートルもあり、自転車よりも早く走るなどなんとも不気味なキャラクターを持ったUMAです。一説には宇宙人のペットであるとも言われています。

 

4.モケーレ・ムベンベ(コンゴ共和国)

6288293639_ccc77c8fd0_b

Photo by BioDivLibrary

コンゴ共和国周辺に広がる熱帯雨林地帯に生息すると言われているモケーレ・ムベンベは、恐竜の生き残りであると考えられています。全長が10メートル程度の首長竜であると言われており、密林の奥地で現代まで生き残っていたと考えられています。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy