ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

白ロム携帯やスマートフォン・タブレットに特化したフリマアプリ「RESMA」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

T&R が白ロム携帯やスマートフォン・タブレットの売買に特化した Android 用フリマアプリ「RESMA(リスマ)」をリリースしました。RESMA は一般的なフリマアプリとは違って、ケータイ専門店 RESMA が出品者の商品をいったん預かり、完全なデータ消去や出品情報の入力を行い販売するという代理出品の形式を取ったフリマアプリです。出品者はアプリで出品したいスマートフォンを選択し、集荷日時を選択するだけ。商品の写真撮影や商品情報の入力、購入者とのやり取りは同社が代行してくれます。もちろん、出品価格は出品者で決めることができます。しかし、購入金額の 10% ~ 30% は RESMA 運営側の手数料となるので、金額的な部分を考えると、他のオークションサイトで出品した方が良いかも。アプリでは、出品されている端末を Android、iPhone、全て、お気に入りのカテゴリで時系列に確認できるほか、キーワード検索機能を利用して探すこともできます。「RESMA」(Google Play)

■関連記事
OCNモバイルONEに10GBコースが追加、12月1日より提供
サイバードとバンナム、「黒子のバスケ」をスマートフォンゲーム化、2016年にリリース CROSS COLORS」を開発、2016年にリリース予定
NTTドコモ、「ARROWSケータイ F-05G」の不具合修正アップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP