ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

松本復興相が辞意 宮城県知事への発言の責任で

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 松本龍復興担当大臣は2011年7月5日朝、退任する意向を菅直人首相に伝え、了承されたと報じられた。報道によれば、松本氏は自らの発言に対する責任を取る形での退任であり、菅首相との会談後、記者団に対し「よい経験をさせてもらった」と話したとされている。

 松本氏は一昨日7月3日に宮城県の村井嘉浩知事を訪問した際、「お客さんが来るときは自分が入ってきてからお客さんを呼べ」「今の最後の言葉はオフレコです。書いたらもうその社は終わりだから」などと発言し、波紋を呼んでいた。

 菅首相との会談後の9時45分頃、会見にのぞんだ松本氏は、「被災者の心を痛めたことをお詫びしたい」と述べた上で、「言葉が足りなかったり、荒かったりしたのは不適切だった」と自らの発言について謝罪した。

丹羽一臣

【関連記事】
「今の言葉はオフレコ。書いたら終わり」 松本復興相「恫喝発言」でネット炎上
原発30キロ圏内のみ補償金 同じ南相馬市民でも「金銭的に差別」と市長が憤り
原発問題にのめり込むのは引きこもりやニート? 精神科医・香山リカ氏のコラムに賛否
フランス開催の「Japan Expo 2011」で復興支援企画「Ganbare Japan」立ち上げ
岡田幹事長、総理とのW辞任を示唆「一年後も私が幹事長をやっていると言う人はいない」

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。