ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

神秘の国ミャンマー!旅行ガイドとおすすめスポット10選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Masato Tanaka「ミャンマー

こんにちは! TRiPORTライターのkomiです。
ミャンマーという名前はきいたことがあるけれど、どんな国かはよく知らないという方も多いのではないでしょうか。なんとなくニュースを見てると良いイメージがない…という方もいるかもしれませんが、実は治安がよくて、とっても観光しやすい国です。
しかも日本からの直行便でひとっ飛びで行けてしまうのです。
きらびやかな寺院や美しい自然に囲まれた遺跡、風情ある街並みに夢中になること間違いなし! 
今回はアジアの神秘が溢れる国、ミャンマーの魅力についてお伝えします。

ミャンマーはこんな国!

1989年「ビルマ」から国名が変わり、ミャンマーと呼ばれるようになりました。正式名称はミャンマー連邦共和国で、首都をネーピードーにおいています。
人口は6242人。面積は67万8500平方キロメートルで、日本より1.8倍大きいです。
東南アジアに位置するこの国は、ラオス、中国、タイ、バングラディッシュ、インドの5カ国と国境を接しています。

ミャンマーの気候

南北に長いミャンマーの国土は地域によって大きく気候が異なります。北部は温帯で、中部から南部にかけては熱帯です。海外観光客が特別な許可がなくても旅行可能な地域は一年中、気温湿度ともに高いです。

ミャンマーの地図

Photo credit: Central Intelligence Agency (World Factbook) [Public domain], via Wikimedia Commons

ミャンマーの治安

現在のミャンマーはとても治安がよいと言えます。実際にミャンマーを訪れた日本人旅行者のなかには「日本よりも治安がいいかもしれない」と言う人も。
自分の身を守るという海外旅行をするための心構えが出来ていれば、安心して観光できます。
しかし、日本人はお金をたくさん持っているという認識が強い現地の人もいるため、通常より高い料金を要求されることもありますので注意しましょう。

日本からミャンマーへの行き方

2012年10月15日、全日空(ANA)がヤンゴンと成田空港間での直行便の就航を始めました。
フライトの所要目安は往路が約8時間、復路が6時間ほどです。2013年9月から増便し、デイリー運航になっています。
直行便が出来たことにより、ミャンマーへの旅がとても身近なものになりました。

おすすめ観光スポット

1. バガン遺跡群 

Photo credit: Miki Aikawa「22000円8泊9日のミャンマー一人旅~中編:アジアで一番好きになった場所、バガン

バガン遺跡はカンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥールと並び世界三大仏教遺跡と呼ばれ、ミャンマーの中でも有名な仏教聖地です。
遺跡の寺院やパゴタのほとんどはバガン王朝がもっとも繁栄した11世紀から13世紀に建てられたもので、大きいもの、小さいもの、色も赤や白とさまざまです。残されている仏塔の数は3000基。
当時の暮らしの様子を描いた壁画やヒンドゥー教の影響を受けているアクセサリーも発見されていて、考古学的にみてもとても貴重な遺跡群とされています。

絶景ーーーー!!!!
青い空にキレイな緑、その中で映えるバガンの遺跡群…!!
本で見たやつだ!笑
出典:「22000円8泊9日のミャンマー一人旅~中編:アジアで一番好きになった場所、バガン」Miki Aikawa|ーCompathy(コンパシー)

バガン遺跡群/Bagan
住所:Bagan Archaeological Zone, Bagan, Myanmar
入域料:25000チャット(空港、船着場、検問所などで支払い)
入域料はパゴタへの入場料金も含まれており、こちらを支払うと遺跡の建物は出入り自由です。
寺院などに入る際、入域料の支払いが済んでいるかレシートのチェックを受けるので無くさないよう要注意です。

2. アーナンダ寺院

Photo credit: Yusuke Kusumoto「amazing!ミャンマー!

バガン遺跡に数多くある寺院のなかで、最大級の大きさを誇るアーナンダ寺院。
外壁は白、塔の先端部分は金色で塗装されていて、バガン遺跡の中でもっとも美しい芸術作品と呼ばれています。
本堂は正方形をしていて、四面に一つずつ入り口がついています。すべての入り口の横にはブッダの立像が一体ずつ収められていて、南と北の立像は1091年に建てられた当時のものを安置しています。

あれだけの大きいものを作り上げた人々が凄い。
見る角度で表情が違って見えます。
出典:「4体の仏像」アーナンダ寺院のクチコミーフォートラベル

アーナンダ寺院/Ananda Temple
住所:Bagan, Myanmar
拝観時間:7:00〜21:30
休日:年中無休
入域料:25000チャット(空港、船着場、検問所などで支払い)
入域料はパゴタへの入場料金も含まれており、こちらを支払うと遺跡の建物は出入り自由です。
寺院などに入る際、入域料の支払いが済んでいるかレシートのチェックを受けるので無くさないよう要注意です

3. タビィニュ寺院

Photo credit: Takeshi「バガン(ビルマ) 中部ビルマ

アーナンダー寺院のすぐ西側に位置しているタビィニュ寺院。
レンガ造りの二階建ての寺院です。高さ約61メートル、バガンのなかで最も高いパゴダです。建物の二階には黄金の仏陀の坐像が祀られています。
アーナンダ寺院、シュエジゴンパゴダとともに人気がありバガン三大仏教建造物です。
寺院のすぐ近くを流れるイラワジ川を見る絶景ポイントとしても知られ、ここから眺める夕日に息を呑むこと間違いなし。

本堂の建物は重厚な造りで、内部には金ぴかの仏像が座っています。
仏像の前ではミャンマーの人々が熱心に祈りをささげていました。
出典:“オールドバガンで一番高いお寺” タビィニュ寺院の口コミートリップアドバイザー

タビィニュ寺院/Thabyinnyu Temple
住所:Bagan, Myanmar
拝観時間7:00〜18:00
休日:年中無休
入域料:25000チャット(空港、船着場、検問所などで支払い)
入域料はパゴタへの入場料金も含まれており、こちらを支払うと遺跡の建物は出入り自由です。
寺院などに入る際、入域料の支払いが済んでいるかレシートのチェックを受けるので無くさないよう要注意です

4. ブーパヤーパヤー

Photo credit: Acred99[Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 files] via wikimedia commons

金色に輝く美しい円筒形の仏塔が特徴的なバガン最古のパゴタです。1975年7月に発生した地震により、元のブーパヤーパヤーは全壊してしまいました。再建されたものには以前とは少し違うデザインや材料が使われているなどの工夫がされています。
また、すぐ目のまえを流れるエーヤワディー川を見るための名所としても広く知られていて、雄大な川に夕日が沈む時間帯になると地元の人や観光客が大勢集まり、絶景を眺めながら夕涼みをしています。
美しい風景に癒やされながらゆっくりと時間を過ごしたい方におすすめです。

フォルムがとても特徴的でした。観光客がたくさん来ており、賑わっています。
小さめの仏塔ですが、金色というより少しブロンズがかった色で綺麗でした。
出典:“川岸にある丸いパゴダ”ブーパヤー パヤーの口コミートリップアドバイザー

ブーパヤーパヤー/Bupaya Paya
住所:Bagan Archaeological Zone, Bagan, Myanmar
入域料:25000チャット(空港、船着場、検問所などで支払い)
入域料はパゴタへの入場料金も含まれており、こちらを支払うと遺跡の建物は出入り自由です。
寺院などに入る際、入域料の支払いが済んでいるかレシートのチェックを受けるので無くさないよう要注意です

5. シュエダゴンパヤー

Photo credit: Yusuke Kusumoto「amazing!ミャンマー!

「ミャンマーといえばここ!」と言っても過言ではないほど有名な観光地です。夜には全体がライトアップされ、その姿をひと目見ようと多くの人が集まります。
「聖なる黄金の塔」は高さ100メートルを誇り、全体が金色に輝いています。多くの宝石が装飾に使われ、とにかく豪華絢爛の一言です。この塔を取り巻くように、さまざまな大きさのパヤー60基が並んでいます。
参拝に訪れる人も一日中絶えることがなく、まさにミャンマーの聖地と言える場所です。

昼と夜ではまったく雰囲気が違うから2回いくのがオススメ。
ミャンマー観光には絶対はずせない場所。
出典:“圧倒される”シュエダゴン・パゴダの口コミートリップアドバイザー

シュエダゴンパヤー/Shwedagon Paya
住所:Dagon, Yangon, Myanmar
入場時間:4:00〜22:00
休日:なし
入場料:US$8(1日有効、出入り自由)
境内は土足、靴下、露出の高い服装が禁止です。

6. ポッパ山国立公園

Photo credit: Misaki Iguchi「21歳!Wild Beauty Girl!世界一周へ! ミャンマー編

標高1500メートル、太い柱のような形をしたポッパ山は地球を守る神秘的なパワーを持っていると考えられています。11世紀からの700年間、王になる人物はこの地を訪れて祀られているナッ神に参拝するというしきたりがありました。
徒歩約30分で頂上まで行くことができ、そこから見下ろす景色は絶景です!
僧院や神殿を見学することができ、階段を登る途中では、人懐こいサルがお出迎えしてくれます。

道中から見える寺院は天空の城のようです。
村から頂上までは結構急な階段を登りますが、頂上の寺院から見る景色は近くに遮るものもなく絶景です。
出典:“絶景”ポッパ山の口コミートリップアドバイザー

ポッパ山国立公園/Mount Popa National park
住所:Bagan, Myanmar
入域料:US$2

7. マンダレー旧王宮

Photo credit: Takuo Shikata「経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿

ミャンマー最後の王朝、コンバウン王朝の王宮です。建造されてからわずか24年後の1885年イギリス統治下にあったインド軍に攻めこまれ、王朝は消滅します。その後、第二次世界大戦に巻き込まれて城壁以外はすべて消失してしまいました。
1990年に一部が復元され、現在は見学することができるようになりました。
ミャンマーの歴史の流れを感じることができるスポットです。

無数の御殿があり、圧倒されます。
見張り台の上から見る眺めがとてもよいです。
出典:“広大な敷地内の御殿”マンダレー王宮の口コミートリップアドバイザー

マンダレー旧王宮/Mandalay Palace
住所:Mandalay, Myanmar
入域料:10000チャット

8. シュエターリャウン・パゴダ

Photo credit: Kazuya Kitamura「ミャンマー ヤンゴン

ミャンマー南部に位置する古都バゴーにある仏教寺院です。 この寺院には、全長55メートルもある巨大な黄金寝釈迦「シュエターリャウン寝仏」が安置されています。
イギリス植民地時代に鉄道技術者が密林に埋もれていたところを発見し、修復され現在の姿になりました。
黄金の法衣に身を包み、漆喰で真っ白に塗られた釈迦が横になっているのを見るとその大きさと泰然とした雰囲気に圧倒されます。

バゴー観光では、絶対にはずせないスポットです。
とにかく大きい、寝釈迦様でした。
出典:“シュエターリャウン寝仏 バゴー”シュエターリャウン寝仏の口コミートリップアドバイザー

シュエターリャウン・パゴダ/Shwethalyaung Pagoda
住所:Bago, Myanmar
拝観時間:5:00〜23:30
休日:年中無休
入域料:10000チャット
カメラ撮影料:300チャット
ビデオ撮影料:500チャット

9. ゴールデンロック

Photo credit: Masato Tanaka「ミャンマー

いまにも転がり落ちそうなのにピクリとも動かない黄金の巨大な岩、ゴールデンロック。正式名称は「チャイティーヨーパヤー」です。この岩の下には釈尊の髪の毛が納められ、その力によってバランスを保っていると考えられています。
夜明けには黄金の岩だけが浮かび上がり、とても神秘的な光景を目にすることができます。
ヤンゴンから約180キロ離れたチャイトーという町の山頂にゴールデンロックは祀られていて、バスで約1時間ほどで到着します。

お勧めは夕暮れから夜にかけてでしょうか。
敷地内では現地の方々が野宿?をしていたりこの国の信仰深さを感じ取れます。
出典:“ミャンマーに来たらぜひ”チャイティーヨー (ゴールデンロック)の口コミートリップアドバイザー

ゴールデンロック/Golden Rock
住所:Kyaiktiyo Yangon (Rangoon), Myanmar

10. インレー湖

Photo credit: Aleksandra Savenko「New Year holidays in Myanmar

海抜1300メートルのシャン高原に位置するインレー湖。湖の入り口にはニャウンシュエの町が広がっていて、お土産をおいている売店やレストランなどが集まっています。
湖の西側には最近まで知られずにいた「インデイン遺跡」があり、荒らされていないそのままの姿を見ることができます。
高原にあるため夏でも涼しく、11月〜2月はジャケットなどの防寒具を持って行きましょう。

赤茶色の水っていつもなら汚っ!やばっ!と思うんだろうけど、今日は青空がキレイでこの赤茶色もキレイで最高に気持ちいい!
出典:「22000円8泊9日のミャンマー一人旅~後編:ローカル民といく、インレー湖ツアー~」Miki Aikawa|ーcompathy(コンパシー)

インレー湖/Inle Lake
住所:the Heart of the Shan Plateau,Myanmar
電話番号:+95-95215243
ホームページ:http://inlelake-myanmar.com
入域料:US$10

行ってきました!ミャンマー旅行記5選

人とのふれ合い旅

21歳!Wild Beauty Girl!世界一周へ! ミャンマー編」Misaki Iguchiさん

Photo credit: Misaki Iguchi「21歳!Wild Beauty Girl!世界一周へ! ミャンマー編

仲良くなった現地の男の子たちや子どもたちと遊ぶ様子がいきいきとしていて、ミャンマーで生活しているような気分にさせてくれるログブックです。
現地の人々と触れ合って、楽しい思い出をつくるのも旅行の醍醐味ですよね。
笑顔の可愛い子どもたち、温かいミャンマーの人々の生活に触れることで旅が終わる頃にはきっと、第二の故郷のような気持ちになっています。
伝統衣装や民族に伝わる化粧を施して町を散策してみれば、いろいろな人が明るく迎え入れてくれます。宿やレストランの店員さんと話してみると、いちおしスポットを教えてくれます。

絶景遺跡巡り

amazing!ミャンマー!」Yusuke Kusumotoさん

Photo credit: Yusuke Kusumoto「amazing!ミャンマー!

世界的に有名な遺跡が大切に残されているミャンマー。
自然溢れる景色に溶けこむようにして建っている寺院や遺跡の荘厳な姿は、歴史を強く感じさせてくれます。背の高い建物に登って素晴らしい見晴らしを堪能すると心の中も晴れ晴れしますね。
遺跡とともに見る朝日や夕日はまた一段ときれいで、その光景を見れただけでもこの国に旅行に来て良かったと思わせてくれます。
こちらのログブックの作者はとにかくたくさんの遺跡をホテルのEバイクを利用して巡っています。
「遺跡が好き!」という方はぜひ。

水上観光

インレー湖」Tsubasa Bettoさん

Photo credit: Tsubasa Betto「インレー湖

湖の上を舟で走ると爽快感はバツグンです!
観光客にも人気のあるインレー湖について詳しく書いてあります。
インレー湖のまわりにあるワイナリーも紹介してあったり、穴場的スポットを知ることができます。
地元の人の伝統的な漁や水上に建てられた建物を間近で見られるのも舟での観光ならではですよね。
湖を囲むようにして茂る自然の緑や魚を捕る鳥などの風景に、子供の心になってはしゃいでしまうこと間違いなしです。
漁師のおじさんたちはサービス精神旺盛でいろいろなポーズをとってくれるので、ぜひ写真に収めてください。

ごはん旅

魅力たっくさんミャンマー紀行! 自然、遊び、歴史、全て満喫。」Haruna Nssさん

Photo credit: Haruna Nss「魅力たっくさんミャンマー紀行! 自然、遊び、歴史、全て満喫。

旅といえばやっぱりおいしいごはんはかかせません。
食べるのにドキドキするものもありますが、チャレンジするのも楽しいですよね。
スパイスがたっぷり効いたおいしい料理を食べれば、観光で疲れた体も回復して探険へ再出発したくなります。
ぷりぷりで活きのいい伊勢海老やボリュームたっぷりがたっぷりある鳥の丸焼きの有名店「Golden Duck」などが紹介されていて、ミャンマーならではの食べ方を知ることができるログブックです。

心を感じる旅

ミャンマー」Masato Tanakaさん

Photo credit: Masato Tanaka「ミャンマー

ミャンマーを訪れて強く感じることはやはり、人々の心の中に伝統的に刻まれている仏教への信仰心ではないでしょうか。
小さな子どもが祈りを捧げている姿や多くの仏像が大切にされている様子を見ると、ミャンマーの人々の内側に触れた気持ちになります。
目に見える観光地だけでなくそこで生きている人に受け継がれる気持ちに触れるのも、旅行の魅力のひとつですね。
信仰心の根付いたミャンマーの空気や月の光に浮かび上がる金のゴールデンロックなどの写真が美しく紹介されています。

おわりに

神秘溢れる国、ミャンマー。
そこに流れる空気に触れてみると心が震えるなにかがある国です。
温かくて優しい人柄や自分の国を愛しているという気持ちがミャンマーで生きる人々から伝わってきます。
歴史の壮大さを感じる遺跡、感動するほど美しい夕日、元気の出るスパイシーな料理。
まだまだ発見されていない魅力を探しに、ミャンマーへ旅立ってみてはいかがでしょうか。 

ライター:Ayaka Komiyama
Photo by: Takeshi「バガン(ビルマ) 中部ビルマ

関連旅行記

*Takuo Shikata「経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿
*だにえる「ミャンマーへ
*Kazuya Kitamura「ミャンマー ヤンゴン

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP